スーパーマーケットで豆が買えるっどういうこと?

   

どうも、コーヒーブロガー@gonsaemonです。

最近、スーパーマーケットでコーヒー豆の商品がめちゃくちゃ増えていると思うんですが。

コーヒーフリークスの中には「いつ焙煎したか分からない豆なんぞ!」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

しかし、スーパーマーケットにコーヒー豆が販売しているということは、それだけコーヒー需要、特に豆を挽くことの重要さがわかっている層が増えているということだと思うのです。

挽きたてアピールの増加

セブンイレブンの「セブンコーヒー」あたりから、喫茶店以外での挽きたてアピールが多くなっていると思います。

それどころか、煎りたてをアピールしているところもありますね。

「大手のコーヒー豆を使用」という名目よりも、挽きたてというワードを使った方が目を引くのだと思います。

OEM(製造は他社に委託するも、自社商品として販売すること)な商品が多くなっているのも一つかもしれません。

っていうか、昔から「UCCの豆を使用しています」っていうUCC以外の商品ってみたことない気がします。喫茶店以外には。

コーヒーを家庭で飲む習慣が増えた

喫茶店でのコーヒー消費量が減り、全体のコーヒー消費量が増えているらしいです。

一つに、家でコーヒーを飲む習慣が増えたんじゃないでしょうか?

まあ、それだけが理由というわけではないんでしょうけど、理由の一つとしてあげても良さそうです。

セブンコーヒーも、豆を挽いてコーヒーを作ります。

気にはしないんですが、どうしても豆を砕く音が聞こえてきます。

大型の業務用ミルしかみたことなかった私の小さい頃に比べたら、豆を砕く動作がかなり身近になった気がします。

ミルがなくても、スーパーにミルがあるんだ

家にミルがなくても、スーパーマーケットのコーヒー売り場には結構な確率でミルが置いています。

家にミルが無いからコーヒーが飲めない、というわけではありませんね。

カプセル式は万人には受け入れられなかった

カプセルを入れてボタンを押すだけでコーヒーができるカプセル式も人気があり、スーパーマーケットにてよく販売されています。

しかしコーヒーメーカーを既に持っている人や、一度に大量のコーヒーを淹れたい人、メーカー物以外のコーヒーを飲みたい人にとっては使いづらいかもしれません。

最先端のカプセル式も、人によっては適さない商品であるということです。

豆があればハンドドリップもエスプレッソもできる

ハンドドリップのドリッパーは500円以下で、マキネッタも3000円程度で買えます。

本格的なエスプレッソメーカーはもっと高価ですが、直火式エスプレッソは簡単にできます。

それもこれも、専用の製品ではなく、豆ないし粉を買えば入れることができます。

しかも、それはメーカーを越え、自家焙煎の小売店でも使えます。

豆さえ挽けば、いろんなコーヒーが楽しめるのです。

で、スーパーの豆はうまいの?

基本的にスーパーで売られている豆の賞味期限は長く、焙煎日は書かれていないものがあります。

それでも、密閉技術が優れており、粉のレギュラーコーヒーに比べたら断然おいしいです。

ドリップ時の膨らみはありませんが、思ったよりかはエグ味が少ないです。

これを飲んだ感想です。

終わりに

半年くらいでスーパーマーケットのコーヒー売り場をみると、「こんな商品があるんだ!」と驚かされることが多いです。

スーパーマーケットに買い物をする際は、コーヒーを買わなくても売り場を眺めることがおおくなりました。

スーパーマーケットにコーヒー豆が並んでいるのをみると、どこどこがうまくてあそこはまずい、とは考えず、豆が多いと挽く人も多いんだなあ、と考えます。

というわけで、なんか最近豆が買いやすくなったなあ、と思う@gonsaemonでした。

 - 雑記 ,