ワイングラスで飲むコーヒー、流行れ

   

どうもコーヒーブロガー@gon_saemonです。

ワイングラスでアイスコーヒーを飲んだツイートしたら結構評判良かったので、ブログでも書きます。

普段とは違う飲み方をしよう

普段は氷を入れた大口のコップにアイスコーヒーを入れると思います。

暑い時期に飲むアイスコーヒーは美味しいですよね。

シロップを加えたり、フレッシュを入れるのも美味しいです。

ゴクゴク飲みたい人もいるし、すこしずつ飲みたい人もいると思います。

気分を変えて、ワイングラスで飲むという、普段とは変わった飲み方も楽しいですよ。

ワイングラスで飲むアイスコーヒーがうまい理由

アイスコーヒーはよく冷えた方が美味しいと思うので、氷をたくさん入れますね。

もともとお湯で淹れたコーヒーを冷やさなければならず、ゆっくり冷ましていては味が悪くなります。

しかし、氷を入れてしまえば、氷がとけると味が薄くなります。

なのでアイスコーヒーはサッと飲んでしまうのが、ある意味では美味しい飲み方です。

しかし、抽出技術の進歩により、お湯を使わなくても水出しコーヒーで冷めたままアイスコーヒーを作ることができます。

また、スーパーで売ってあるチルドコーヒーどんどん美味しくなっているので、使わない手はないです。ペットボトルタイプもいいですね。

ちなみに写真のコーヒーはコンビニで売ってたアラメダコーヒー、コールドブリューです。

すぐに味は落ちないんだ

ドリップして淹れたコーヒーを冷やしても、味が落ちるのを気にしてゴクゴク飲んでしまいます。

水出しコーヒーであれば、ある程度時間が経っても味は落ちないとされています。

また、水出しコーヒーを冷蔵庫内で作ることによって、はじめから冷たい状態で飲むことができます。

氷が要らないという解決策

冷蔵庫内でつくった水出しコーヒーははじめから冷たいです。

当然、常温で長時間放置しない限り冷たい状態です。

ということは、氷が必要ないということなのです。

アイスコーヒーが薄まらずにゆっくりと自分のペースで飲むことができるのです。

終わりに

コップを変えるだけでもコーヒーの楽しみ方に幅が広がります。

普通のガラスコップではなく、ワイングラスやそれに似たグラスでアイスコーヒーを提供する喫茶店もありますので、コーヒーの楽しみ方の1つとしてみてください。

 - 雑記 , ,