コーヒーミル無くても美味しいコーヒーを飲む方法

   

コーヒーブロガー@gon_saemonです。

コーヒーを楽しむための器具、コーヒーミル(グラインダー)。

コーヒー好きなら1つくらいはお持ちじゃないでしょうか。

あまのじゃくなわたくしは最近、コーヒーミルを買わなきゃいけないからコーヒーにハマらないのではないか?と考えるようになりました。

実際はそんなことはないよ!

コーヒーミルはあった方がいいけど、無くても美味しいコーヒーは家で飲めるよ!という記事を書きたい。

という記事です。

本当はコーヒーミルなんて必要ない

コーヒーを飲むのにコーヒーミルはいらないです。

粉で販売されている商品もありますし、豆を購入したら挽いてもらえる所も多いです。

豆をお湯に浸してもコーヒーにはならない以上、粉である必要はあるのですが、わざわざコーヒーミルを買わなくてもコーヒーは飲めるのです。

なぜミルにこだわるか

そんな、必ずしも必要でないコーヒーミルをこだわる理由はなぜでしょうか。

ちなみに、ミルにはコニカル、フラットカッター、プロペラ、ロールがあります。

砕く時の音、香り

コーヒーの楽しみは飲むだけではなく、淹れている時や豆を挽く時にもあります。

コリコリと手挽きをしたり、ハイテク自動ミルで均一に挽いたりするのもいいでしょう。

コーヒーの香りは、豆を砕いた瞬間から広がるのです。

コーヒー器具は収集欲を引き立てる

カリタやザッセンハウス、ポーレックスなど、ミルはたくさんありますが、それ1つでインテリアにもなるほどかわいいのです。

実際にジャンク品もインテリア用として販売されていることもあります。

どれもかわいらしいので、集めたくなります。さらに先ほどのミルの特徴もあるので、試したくなること間違いなしです。

店で挽いてもらったコーヒーはまずい?

とまあコーヒーミルの魅力を書きました。

そんなミルですが、無くても店で挽いてもらえばいいので必ずしも必要ではないです。

ここで「挽きたての方が美味しいだろ!いいかげんにしろ!」という声も聞こえてきます。

たしかに挽きたての方が香り高いのですが、挽きたてではないからといって香りが全くないわけではありません。

きっちり保管して、できるだけ早く飲めばよいのです。

コーヒーミルを自前で持っていてもコーヒーミルの調子が悪ければ粉の大きさにバラツキがでている事もあります。

お店で挽いて、きちんと管理している粉と、挽きたての大きさにバラツキのある粉とは、どちらが美味しいのでしょうか?あまり大差ないかもしれません。

コーヒーバッグ、ドリップバッグ

自家焙煎のお店によっては、コーヒーバッグやドリップバッグを販売しているところも多くなってきました。

これらはミルが必要なく、美味しいコーヒーを1杯作ることができます。

カップの大きさによって濃淡をつける時もありますが、手軽に美味しく飲むことができます。

まとめ

コーヒーミルは形もかわいく、挽きたてコーヒーを飲むためには必要です。

ですが、お店で均一に挽いてもらって、家できちんと管理する、ドリップバッグやコーヒーバッグを利用する、というやり方でコーヒーミルが無くても十分楽しめることはできるのです。

コーヒーミルを持ってないからコーヒー豆屋さんには入れない、と言うことではないです。

コーヒーバッグやドリップバッグ、試してみてはいかがでしょう?

 - 雑記 ,