珈琲の香りが漂う推理小説 タレーランの事件簿

      2017/01/09

珈琲の小説を紹介いたします。

タレーランの事件簿シリーズです。

このミステリーがすごい!大賞にて紹介されたこちら。作者はデビュー作とは思えないほどのクオリティです。

京都の喫茶店が舞台で、バリスタの「切間美星」が主人公。ほかにも、「アオヤマさん」や「虎谷」など・・・・・・

そうです。名前がコーヒーのモチーフなのです。これは面白い。

文章の中にちりばめられたコーヒーの豆知識や、バリスタならでは考え。されどミステリー小説としては本格的なトリックが隠されています。

けっして読みにくい文ではないので、楽しんで世界観にのめりこむことができます。

コーヒー片手に、ぜひ読んでみてください。

 - コーヒー読本 ,