コーヒー知識

コーヒーを飲むにはあまり関係ないですが、知っておくと便利。

知ることでバリエーションが増えて、新しいコーヒーに出会える。

そんなコーヒー知識のページです。

人におすすめしよう!コーヒーの飲み方まとめ

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

知り合い「君、コーヒーのブログやってるんでしょ?

おすすめのコーヒー教えてよ」

僕「いいですよ。どんなコーヒーがいいですか?」

知り合い「コーヒーわかんねえw」

僕「ア、ハイ」

というわけで、コーヒー何があるの?です。

ようい、スタート。

はじめに、コーヒーの飲み方

コーヒーの飲み方には、主に5通りあります。

1・ドリップコーヒー

2・エスプレッソ

3・サイフォン

4・フレンチプレス

5・その他諸々

スタンダードなドリップコーヒー

ドリップコーヒーは、コーヒー粉にお湯を注いで淹れる手法です。

一般的なコーヒーの飲み方としてよく知られます。

コーヒーメーカーもこの淹れ方がほとんどですね。

ドリッパーという器具(大変安い)を使ったり、ネル(布)を使うドリップが有りますし、ドリップバッグという1杯用もあります。

自分でお湯を注ぐので1〜4杯と、自分で量を調節できるのが強みです。

弱みといえば、自分で淹れるのが難しい、というイメージが強いです。

まあ、それ以前に「めんどくさい」っていうのもありますね。

アレンジ豊富なエスプレッソ

エスプレッソは、機械を使用して蒸気で抽出する淹れ方です。

非常に濃いコーヒーが飲めます。

そのままだと濃すぎて苦いため、砂糖を入れて飲むことがありまね。

それよりも多いのが、ミルクと合わせてカフェラテで飲む、ということ。

スターバックスはこのカフェラテで有名ですし、カフェラテを元にした「シアトル系コーヒー」と呼ばれています。

カフェラテの他にも、チョコをかけたモカジャバ、牛乳の代わりに豆乳を合わせたソイラテもあります。

エスプレッソを元にいろんなアレンジドリンクがあるのが強みです。

そんなエスプレッソですが、エスプレッソマシンがないと作れない、という欠点があります。

エスプレッソマシンは簡易のものでも1万円はします。

直火型と呼ばれるマシンは数千円で買えますが、「よくあるエスプレッソ」ではないので注意。まあそれでも美味しいけど。

視覚的に美味しいサイフォン

サイフォンはフラスコ型の機械で淹れるコーヒーです。

お湯やコーヒーが上下する様子は見ていて楽しいです。

味の特徴としては、酸味がよく出て、しっかりとした味が出ます。

味でも、視覚的にも、「The・コーヒー」を楽しむことができるのです。

昔ながらのコーヒーや、気品溢れるコーヒーを楽しみたいならサイフォンが一番でしょう。

サイフォンの器具は1万円弱と、購入するにはそこまで高くはないです。

しかし、はじめてのコーヒーにするには敷居が高いかもしれませんね。

ハンドドリップやコーヒーメーカーがある状態で、2台目のコーヒーとしてなら良いかもしれません。

手軽さはNO1。フレンチプレス

フレンチプレスはあまり馴染みがないかもしれませんが、実は超手軽です。

粉にお湯を注いで5分待ち、フィルターを押すだけ。

フィルターは粗めなのでコーヒー本来の味を楽しむことができます。

カフェでお目にかかる事はあまりありません。

珍しいコーヒー豆を飲む際に見ることができます。

超手軽で、コーヒー本来の味を楽しめることができるのが特徴。

欠点としては、コーヒー本来の味です。

ハンドドリップは、雑味を取り除く効果もあるのですが、フレンチプレスにはそれがありません。

コーヒー本来の味とは、雑味も含んでしまう危険もあるのです。

その他諸々

エアロプレスやパーコレーター、ターキッシュなど色々ありますが、この辺りは「淹れ方を楽しむ」ぐらいの位置付けでもいいと思います。

コーヒーを飲む国、独自の文化でもあるので調べるのは面白いですが、いざ自分で買って飲むのには手間がかかるでしょう。

売っている場所も限られますし。

コーヒーの感じ方は人それぞれ

カフェでもコーヒー豆でも、コーヒーの淹れ方で味は変わってきます。

カフェは淹れ方やお店の雰囲気でも違いがあるため、そのあたりで探して見るのが面白いです。

「美味しいサイフォンが飲みたい!」でもいいですし、「ちょっと変わった飲み方がいい」というのでも構いません。

ですが、好みの味は人によって変わってくるので、自分が「美味しい」と思っていても、他の人には「まずい」と感じるかもしれません。

なのでコーヒーを人に勧めるのは少し難しいですが、この記事でまとめた情報をもとにいろいろ話そうかと思います。

というわけで、コーヒー、どんなのがあるの?でした。

スペシャルティコーヒーとは何?普通のコーヒーとの違いは?

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

コーヒーは大きく、3つに分かれます。

1・スペシャルティ
2・コモデティ
3・まずいコーヒー
4・その他諸々

今回はその一つ、スペシャルティコーヒーを解説しようと思います。

スーパーではあまり売っていないスペシャルティコーヒー。

私、@gonsaemonが始めて飲んだスペシャルティコーヒーは、

小川珈琲のルワンダ ムショ二です。

これを飲んでコーヒーが好きになったと言っても過言ではありません。

そんなスペシャルティの概要と例をあげていきます。

続きを読む

浸漬式と透過式とではどっちが美味い?

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

この世には、2種類の人間がいます。

浸漬式のコーヒーが好きな人。

透過式のコーヒーが好きな人。

そして紅茶が好きな人。

コーヒーを飲む時にふと思うのが「浸漬式と透過式ってどっちが美味いの?」

です。

というわけで調べてみました。

過去記事→透過法と浸漬法〜コーヒーの淹れ方分類

続きを読む