ハリオV60の美味しいコーヒー淹れ方

      2017/01/09

はじめに

ハンドドリップでわりとメジャーなハリオV60の美味しい淹れ方をご紹介します。

ハリオV60の特徴

ハリオV60はカリタやメリタとは違い、円錐形の形をしています。

逆三角形の先端は1センチ弱の少し大きい穴があります。

内側には螺旋状の突起物が(リブ)があります。

1〜2杯用の小サイズと、1〜4杯用の大サイズがあります。

準備するもの

・ハリオV60ドリッパー
・ハリオV60用フィルター
・コーヒー粉・1杯10〜12gを想定
マグカップなら大きさに合わせて1杯15〜20gも。

ハリオV60は円錐形のため、カリタ、メリタのフィルターは使えません。

どうしても使いたい場合は折り曲げて無理やり使うこともあるらしいですが、円錐形のタイプを使いましょう。

コーヒー粉のをドリッパーにセットしたら、平らになるように酢揺すります。

蒸らしについて

蒸らしは中心にお湯を落とし、そこから円を広げるように回していきます。

円錐形で中央に一番粉が重なっているため、真ん中からお湯をスタートさせます。

お湯が膨らみ、少し時間をおきます。

粉がしぼむくらいまってから本抽出を始めます。

僕の目安として、ある程度膨らませた後、コーヒー液が1滴、2滴と落ちだしたら本抽出を始めます。

お湯が一番下まで落ちきり、コーヒー粉が十分浸透した合図なのかな、と思います。

本抽出

本抽出も中央から、円を広げるように淹れていきます。

細かな泡が端にまで到達しないように、お湯を細くしたり太くしたり調整します。

これは広すぎたと思います。失敗。

関連記事:ハンドドリップを失敗するとどうなるか | コーヒープリーズ!

カップやサーバーに欲しい量のコーヒー液が出たら、ドリッパーを外します。

軽くまぜ、完成です。

淹れる感覚はネルドリップに近いらしい

一説によると、ハリオV60はネルドリップに近い感覚で淹れることができるらしいです。

ネルドリップ淹れたことないので知らないですが、もしそうならネルドリップへの抵抗がすくなくなりますね。

ハリオにはこんなオシャレなドリッパースタンドがあります。

ほかとはちょっと違う淹れ方がいい!という人にオススメです。

ちなみに僕も使っているんで感想はかきやすいです。

 - ドリンク, ハンドドリップ , , , ,