スーパーで見かける「雪室珈琲」ってなに?実はすごいコーヒーだった

      2017/01/09

ライフの大型店に行ったときです。

img_0852

1000mLのリキッドタイプにしては、高すぎないですかねえ…?

img_0853

初めて見るものだったので、調べてみました。

雪室珈琲は、越後雪室屋のコーヒーのこと

販売元は、新潟県にあります。

越後雪室屋というブランドで、にいがた雪室ブランド事業協同組合が販売を行っています。

越後雪室屋

これは各メーカー各々、というものではなく、様々な企業が手をとりあい、団結した組合自体が一つのブランドを確立しているというものです。

コーヒーのほかにも、米や精肉、お菓子もあります。

コーヒーのメーカーというよりかは、越後雪室屋のブランド商品の一つ、という感覚です。

雪室珈琲の特徴

雪室とは、雪で冷やした倉庫のことです。雪室で貯蔵し低温熟成させたコーヒーは雑味がとれまろやかな味になる、とのことです。

温度0度、湿度90%を雪を使うことでキープし、理想的な低温熟成が可能になっています。

氷温熟成はキーコーヒーでやっていますね。

氷温熟成珈琲ってなに?コールドブリューとは違うの?

特に雪室珈琲は、2013年新潟市土産品コンクールにおいて金賞受賞。また2015年ぐるなび主催の「こちら秘書室公認 接待の手土産セレクション 特撰30」に選ばれました。雪室珈琲PREMIUM ICEはスーパーマーケット・トレードショー「フード30選2016」の選出品です。

組合内の「ベルメートコーヒー」。株式会社鈴木コーヒーが製造しています。

雪室珈琲の商品たち

img_0854

img_0855

img_0856

ライフ、阪急オアシスで販売を確認しました。

コーヒーゼリーとコーヒー商品です。

レギュラーコーヒーと、ドリップタイプのショコラがあります。

コーヒー商品はどちらも高めの価格帯ですね。

知らないこといっぱい

今回は買いませんでしたが、販売点は押さえてあるのでチャレンジしたいと思っています。

いやあ、まだまだ知らないコーヒーがあるんですねえ。

 - コーヒードリンク, ドリンク , , ,