FBCインターナショナルのタンパーが機能美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、コーヒーブロガー@gonsaemonです。

SCAJ2017でちょっとおもしろいタンパーを見つけたのでご紹介します。

均一なタンピングを保証するプッシュタンパー

エスプレッソマシンを使用する際に必要なタンピングは均一でないと味が変わってしまう危険があります。

文鎮みたいなタンパーが従来の型ですが、プッシュタンパーは押しやすく、調節がしやすい新しいタンパーです。

押す面が広い。また、六角ネジで押す深さの上限を設定できるので、過密になることもありません。

六角ネジでなく、捻って深さを調節できるタイプもあります。

こちらの方が設定が楽ですね。

ただし何回もつかっているとネジが緩んでしまいます。

タンパーにセットする前も均一させるプッシュタンパー

こちらはタンピングする前の粉を均一化させるタンパーです。

大会で使用されたことで有名になりました。

こちらは押す部分がスクリュー常になっており、軽く回すことで平坦に整えることができるという優れものです。

そのまま押してタンピングもできるみたいです。

これを使えば安定した味をつくりだすことができる、ということです。

FBCインターナショナルというところで販売しています。

http://www.e-primal.com/esp_supply/item_list_2.html

こういうのでも、つかうのと使わないのとで結果が変わってくるんだなあ。

インスタグラム「#7ozラテボウル部」をみてみよう

FBCではオリジナルのラテボウルを販売していますが、インスタグラムにてラテボウル部というハッシュタグがあります。おしゃれな写真をみることができます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*