ホリデーシーズンに特別なコーヒーを飲むために欲しいアイテム

   

どうも、コーヒーブロガーです。

まだ11月ですがホリデーシーズンに向けた準備はいまからしておいた方がいいですよ。

コーヒーを飲み始めた方は、いつもと違うコーヒーを飲んでみるのもおすすめです。

というわけで、今回は初心者用ちょっと変わったコーヒーをご紹介します。

紅茶みたいにつくるカフェプレス

カフェプレスは浸漬式のわかりやすい抽出です。

コーヒー粉にお湯を浸して、いい感じにコーヒーが抽出できたら、粉と混ざらないように分けてカップに入れることができます。

紅茶みたいな抽出でわかりやすいですね。

コーヒーメーカーでは紙のフィルターを使いますが、フィルターを使うとコーヒー本来の油分がカットされてしまいます。

カフェプレスではフィルターを使わないのでその油分も含まれます。

コーヒーメーカーよりもコクのあるコーヒーができます。

本場のお手軽エスプレッソ!マキネッタ

マキネッタは「直火型エスプレッソ」と呼ばれるエスプレッソメーカーです。

ビアレッティ社ので有名ですね。

マキネッタはカフェプレスと同じく浸漬式ですが、蒸気をつかって抽出します。

下部に溜めた水を加熱して、沸騰した水蒸気を粉に触れさせることで抽出させます。

なんだかすごいメカニズムですが、細かめな粉をカップにセットし、マキネッタを火にかけるだけでエスプレッソができる簡単なコーヒーメーカーなのです。

イタリアでは一家に一台あるとかないとか。

「エスプレッソって上に白い泡みたいなのあるんでねーの?」と思う方もいると思います。

「クレマ」ですね。

ビアレッティのモカエキスプレスではクレマはできないですが、「ブリッカ」という製品ならできるらしいです。

もう一台ミルを持っておいても良いかも

上記2種類の抽出方法だと、適しているコーヒー粉の粗さが違います。

カフェプレスは粗挽き、マキネッタは細挽き、と行った具合ですが、手動コーヒーミルだといちいち粗さを変えなければいけません。

調整できる電動コーヒーミルを買うのも一つですが、3000円程度のコーヒーミルを二つ持っておくのも良いかもしれませんね。

総合的なコストでは電動を買うより低いです。

技術必要無し!必要なのは豆だけ!

ハンドドリップのように、ある程度技術が必要なものではない2種類をあげてみました。

粉さえ用意すれば誰でも扱うことができます。

これから本格的にホリデーシーズンがくるとスターバックスやタリーズなど、冬限定のコーヒー豆の販売があります。

ちょっと特別なコーヒーを飲むために、一工夫いれてみませんか。

Posted from するぷろ for iOS.

 - コーヒーの淹れ方 ,