はじめてのネルドリップ!ハンドドリップの楽しさ2倍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

ネルドリップを買ったので開封の儀&使用感レビューです。

コーヒー美味しくてハンドドリップがまた楽しくなったぞ!

800円くらいで幸せが手に入った

ネルドリップです。

ネルドリップとは

フランネルを使用した布製のフィルターで入れるハンドドリップのこと。まろやかな味がでて人気

今までは紙のフィルターだけでしたが、プレスとかエスプレッソとかいろいろ試してたら、ネルドリップも試してみたくなりました。

お値段800円くらい。

ネルで淹れたモカマタリめっちゃうまかった。

使い方① ネルを煮沸して馴染ませよう

新しく開封したネルは使う前にしっかりと煮沸しましょう。

グツグツしっかり煮ます。

コーヒー粉は中挽き〜粗挽きで。あまり細かすぎると目詰まりを起こしてしまうかもしれません。

コーヒー粉を入れたらこうなります。

紙のフィルターはドリッパーで支えるためコーヒー粉の重なりが制限されますが、ネルドリップは布の張力で支えるので丸っこい底になります。

また、側面に壁がないので横からコーヒーの液が漏れることもあります。

なので中心にお湯を注ぐようにしましょう。

透過スピードも早いので、ハンドドリップで味を変えられる分、味がぶれやすいというけってんがあります。

今回はこの豆。

ジュピターのエチオピア、モカマタリです。

ふんわりやわらかい苦味と、華やかな香り!

使い方② 使い終わったら煮沸して冷蔵

使用後はコーヒー粉を捨て、煮沸しましょう。

コーヒー粉の残った油が寝るについたままだとネルがすぐ悪くなってしまうからです。

コーヒーの油が空気に触れると酸化してしまい、ネルを悪くします。

なので煮沸後も密封か、水につけて冷蔵庫に閉まっておきます。

水は毎に交換して清潔にしましょう。

毎度まいど交換する紙のフィルターとは違い、使う前、使い終わった後のメンテナンスが大事です。

淹れる楽しさが倍増するからみんなやれ

今回淹れてみて感じたこと。

美味しいかどうかは別にしても、ネルで淹れるの楽しい!

でした。

メンテナンスがめんどくさいと思っていたのですが、要するにコーヒー粉を洗って空気に触れさせないということなので、特になにも考えずにできますね。

それに、フィルターレスのドリッパーよりも味がまろやか。

これは楽しい!

ということでみんなネルドリップしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*