ポットのなかの温度を測れるケトル、ハリオV60用サーモメーター

      2017/01/09

(画像引用:HARIO)

コーヒーを淹れるときの温度は大切

コーヒーは沸騰したお湯を使うのではなく、90~96度のお湯がよいとされています。

コーヒーの温度は重要!美味しく飲むための適温は?|コーヒーのチカラ

よく言われる言葉が、「沸騰したあと数十秒置く」という手法ですが、ポットの素材で時間が変わってきます。

当然、時間を図っても正確にその温度になっているかどうかわかりません。

調理用の温度計を使うのもよいですが、せっかくなの「コーヒー用」を使ってみてはいかがでしょうか?

温度計をつけることができる細口ポット

「ハリオV60 サーモメーター」を使って、温度を測りながらお湯をつくりましょう。

ハリオV60に装着できる温度計です。ハリオV60が必要です。

ハリオV60の蓋に取り付けることで使用できます。

ノズルの根本を計測するので、正確な温度を測ることができます。

ひと手間で、さらにおいしく

これでおいしくコーヒーを淹れることができますね。

もう一つ、コーヒーを淹れる際はカップにお湯をそそぎ、カップを温めておくと雑味がなくなりまろやかになるといわれています。

ひと手間を知っているとコーヒーは一段とおいしくなりますよ!

 - information , ,