STARBUCKS RESERVEのcloverコーヒーマシンが次世代だった!

      2017/01/09

例によってSTARBUCKS中山手通2丁目店に来ています。

神戸のスターバックスneighborhoodcafe!

今日はラテでなくストレートコーヒーを頼んだのですが、ハンドドリップでもサイフォンでもない、次世代の機器を使っていることに気が付きました。

なので今回はSTARBUCKS RESERVEの機材をご紹介。

clover
引用元:http://www.starbucks.co.jp/coffee/reserve/

淹れ方はフレンチプレスに近く、機器内でコーヒー粉を押し抽出する方法とのことです。

Clover®ブリューイングシステムは、革新的なバキュームプレス技術によってお客様の目の前でコーヒーをおいれします。ステンレスのフィルターに入ったコーヒーが抽出容器に沈んでいくところをご覧いただけるでしょう。その後、適温のお湯と理想的な時間での抽出が始まります。
コーヒーの味に大きな影響を与える抽出時間や温度の変化はデジタル制御され、理想的な抽出温度を常に維持し、適度な蒸らしを加えて味を引き出します。
抽出が終わると、コーヒー豆だけがマシンの上部に上がってきます。そしてコーヒーはフィルターを介し圧力を利用して一気に吸い込むことでフィルタリング(ろ過)を行い、一切香りを逃さずカップに注がれます。

参照:http://www.starbucks.co.jp/coffee/reserve/

こちらのブログでも取り扱われています。

全国のスターバックスでも13店舗のみ「クローバー社」コーヒ−マシン “BRUTUS おいしいコーヒーの進化論”より | ものくろぼっくす

業務用でしかもSTARBUCKSでしかお目に見ることができないものなので、当たり前のように市販はされていません。

まあ、カタログスペックで家庭では使えないほど高電力なのですよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

頼んだコーヒーは「ブルンジ ムランビ」という品種です。レモンを彷彿させるすこし強めの酸味です。

フレンチプレスは酸味が強く出来上がりますが、このブルンジ ムランビと相まって酸味が強調されています。

下に残る酸味の余韻がとても良い1杯となっています。

 - information , ,