コーヒー生産国紹介:ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

コーヒーを飲みたいけどブラジルとかモカとかたくさんあってよくわからない!

という方も多いと思うので、今回はコーヒー生産国紹介です。

まずはド定番ブラジル。

ようい、スタート。

ブラジルコーヒー概要

200万トン以上の生産量をほこり、全世界のコーヒー生産量のうち30%です。

そのうち、75%ほどがアラビカ種、25%ほどがロブスタ種です。

ブラジルコーヒーの特徴

苦味と酸味のバランスがとれているなんでもできる味が特徴です。

強すぎない、程よい苦味、さわやかに香る酸味。

バランスが良いので、ブレンドなどのベースにもよくつかわれます。

そのままストレートで飲んでも飲みやすく、コーヒー初心者はまず飲んでみるべきコーヒーです。

スペシャルティコーヒーも存在しており、ブラジル専用のスペシャルティコーヒーコンテストもあるとか。

ブラジルの有名な農園

ダテーラ農園

セラード農園

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラジル セラード 樹上完熟コーヒー【200gパック】
価格:907円(税込、送料別) (2019/5/11時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*