コーヒーのゆるキャラってどんなのがいるの?

   

コーヒーにもゆるキャラは、いる?

空前のゆるキャラブーム。もはや八百万(やおろず)と言っても過言ではないかもしれません。

そしてコーヒーにもゆるキャラは、います!

まあ、知名度UPの為のゆるキャラとして活動しているのもいますが、活動範囲が限られている、企業のキャラクターとしてのゆるキャラもいます。

そんな、コーヒーのゆるキャラをご紹介。

1・コフィ君(僕はコーヒーがのめない)

このブログでもよく扱っている、コーヒーマンガ「僕はコーヒーがのめない」の解説キャラ、コフィ君です。


(引用:僕はコーヒーがのめない2巻)

物語とはあまり関係なく、3巻以降登場が少なくなっています。解説できる人物が多く、会話の中での解説が成り立っていることが原因かと思われます。

今後の活躍に期待。

2・ホヌコペちゃん(加藤珈琲店)


(引用:加藤珈琲株式会社HP)

割と細かい設定がありますが、パパとママがいてどうやってPCの中で生まれたのかが疑問です。

加藤珈琲店の商品を買えばほとんどお目にかかれるホヌコペちゃんはかわいいです。

まさに企業のトレードマーク。

ビーン太君(AGF)

ビーン太くんについて | AGF

AGFの公式ゆるキャラです。彼はコーヒーの国の皇太子です。

誕生にはついこの間の8月1日でした。年齢は数えていません。

twitterアカウントもあるようです。

ビーン太くん便り【公式】 (@agfcm2)さんのツイート – Twitter

ちっちゃい容姿に、眠たそうなフェイス。

性格はおだやかで、なんだかかわいらしいですね。

さてここで、彼の声を聞いてみましょう。

なんと、声優の安元洋貴さんが演じているのです。

おだやかな安元洋貴さん…く◯みこかな?

ものすごい世界観ですねぇ(遠くからしゃがみ体勢で遠い目)

後記

くま◯こ面白かったけど、どっちかと言われるのナツは紅茶派だったんじゃないかな?

ということで、コーヒーのゆるキャラ特集でした。

ゆるキャラって細かな設定多いんだね。

 - 知識 , , ,