コールドブリューって普通のアイコ(アイスコーヒー)と何が違うの?

   

最近、コールドブリューってよく聞きますよね。

このブログでもコールドブリューの缶コーヒーを取り扱いました。

[更新済み]スタイリッシュなよりコーヒー!ジョージア新商品「COLDBLEW」 | コーヒープリーズ!

そもそも、コールドブリューってなんなんでしょう?

とりあえずコールドブリューと言っておけば「キャーステキ!」と言われたり、流石と言わんばかりにシューゴローに引き抜かれてしまうのでしょうか?

というわけで、今回はコールドブリューについてお話ししようと思います。

コールドブリューは水出しアイスコーヒー

コールドブリューとは、低温抽出で淹れたコーヒーの事です。

低温抽出とは、お湯を沸かさず、水でコーヒーを淹れる手法なのです。

喫茶店ではダッチコーヒーと呼ばれることが多いです。

水出しアイスコーヒーって何が違うの?

水出しでないアイスコーヒーは非常に繊細で、作るのがとても難しいです。

花山くんの言うところには、冷たいと味覚が感じにくく、特に酸味が強くなってしまいます。

また、氷を入れると、その氷が溶けて薄まってしまうという欠点もあります。

ドリップでのアイスコーヒーの作り方といえば、多めに豆を挽き、先に氷を敷き詰めたサーバーにドリップすることで瞬間的に冷やすというもの。分量が難しく、家でアイスコーヒーを作るのが難しい理由でもあります。

熱湯で淹れたコーヒーは酸素に触れ続けるとどんどん酸味、エグみが増えてしまいます。なので、ドリップしたコーヒーをいかに早く冷却するかが大事になります。

対して水出しコーヒーは冷水でコーヒーを淹れる手法です。

熱湯でないとコーヒーの粉から成分が抽出されないのですが、10時間くらいコーヒーの粉を水に漬け続けると、ゆっくりゆっくり抽出されます。

それを濾せばコーヒーの出来上がりです。

ホットコーヒーより少し酸化しにくいという利点もあります。

これが、水出しアイスコーヒー、つまりコールドブリューなのです。

家でコールドブリューをするには

家で水出しアイスコーヒーを作るには、アイスコーヒー用のコーヒー豆(もしくは粉)と、水出しコーヒー用のプレスが必要です。

これにコーヒー粉と水を分けて入れ、冷蔵庫で一晩寝かせると完成です。

アイスコーヒー用のコーヒー豆や粉が販売されているので、そちらを使用しましょう。

オシャレなコールドブリューを飲みにいこう

ただのアイスコーヒーであれば「アイコちょうだいな!」と頼んだらよいでしょう。(関西ネタ)

しかし、コールドブリューを飲みに行くとなれば、わざわざオシャレなお店にいくという選択肢も増えます。

暑くなる夏にピッタリのコールドブリューを飲みにでかけませんか?

ココが噂の西国分寺のカフェ!「クルミドコーヒー」が愛され続けている理由 – TRILL【トリル】

オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ (ALLPRESS ESPRESSO) – 清澄白河/コーヒー専門店 [食べログ]

バー・ジンガロ (Bar Zingaro) – 中野/カフェ [食べログ]

クルミドコーヒー (KURUMED COFFEE) – 西国分寺/カフェ [食べログ]

まとめ

コールドブリューはアイコ(関西で言うところのアイスコーヒー)ですが、サードウェーブ的な流行です。

缶コーヒーにもコールドブリューと銘打ったものもあるので、これからの時期にどんどん増えていくでしょう!

さまざまなアレンジコールドブリュー、楽しみです!

 - 知識 , ,