企業紹介:トーアコーヒー

      2017/01/09

scaj2016が終わり、本日10月1日はコーヒーの日です。

そんな日にふさわしいコーヒーネタは、トーアコーヒーでしょう。

世界で初めてCOEコーヒーを落札した企業

今では多くの企業がCOE(カップオブエクセレンス入賞のスペシャリティ)のコーヒーを落札し、販売していますが、トーアコーヒーは日本で初めてCOEコーヒーを落札した企業で有名です。

ちなみに品種は「ブラジルアーリーハーベスト「セラ・ダス・カベサス」」です。

スペシャリティコーヒーの第一人者

トーアコーヒーの顧問である林秀豪氏は、現scajの専務理事を務めています。

また、COEのプログラム創始者の一人であり、スペシャリティコーヒーを広く世に広めた第一人者です。

彼がいなければ、もしかしたらスペシャリティコーヒーは日本に来ない、それどころかスペシャリティという格付けもされなかったかもしれません。

東京の直営店にてcoeが飲める

GetNaviで紹介されたブラジル・シティオ サン セバスチャンが直営店で600円で飲むことができます。

あまり知らないブラジルグルメーーコーヒー以外にも未知なる食の宝庫だった | GetNavi web ゲットナビ

2015年COEブラジルにて1位の品種です。

世田谷区松原にて、世界一のコーヒーを飲むことができるそうです。

おわりに

scaj2016は昨日で終わってしまいましたが、スペシャリティコーヒーを語るにトーアコーヒーは外せません。

少々値ははりますが、確かな味を楽しめることができるスペシャリティコーヒー。

一度試してみては!?

 - データ ,