コーヒーを「等級」で買おう!グレード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

今回はコーヒーのグレードについてまとめます。

グレードを知っていると、コーヒーを選びやすくなります!

国別でちがうぞ、コーヒーのグレード(等級)

コーヒー豆も他の農産物と同じように、大きい小さい、味の等級があります。

コーヒーの木が栽培されている標高や、採れた豆の大きによってグレードがわかれます。

グレードの高い方が美味しい、貴重とされており高価です。

国ごとに等級の名前や基準が違うのでわかりにくいと思います.

ですが、これでバッチリです。

グレードの基準は3つです。

①産地高度
②スクリーン(粒の大きさ)
③スクリーンと欠点豆の数

①産地高度のグレード

一般的に、高度が高い方が品質の良いものとされています。

熱射に弱く冷たい風にも弱いコーヒーの木は、環境が厳しいほど良い味が出ると言われています。

また、厳しい環境に生き残ったコーヒー豆ということで貴重である、ということでもあります。

以下の等級名は、いずれも上から上質です。

・メキシコ
アルトゥーラ
プライムウォッシュド(PW)

・グアテマラ
ストリクリーハードビーン(SHB)
ハードビーン(HB)
エクストラプライムウォッシュド(EPW)

・エルサルバドル
ストリクトリーハイグロウン(SHG)
ハイグロウン(HG)

・コスタリカ
ストリクトリーハードビーン(SHB)
ハードビーン(HB)

②スクリーンのグレード

スクリーンとは、豆の大きさの基準です。

豆の粒が大きい方が品質が上なことが多いです。

・コロンビア
スプレモ
エクセルソ

・タンザニア
AA
AB

③スクリーンと欠点数のグレード

ブラジル、ジャマイカとインドネシアはスクリーンサイズに加え、欠点豆の混入の数によって等級が決められます。

サンプルを取り、異物や虫食い豆などの欠点豆が入っているかによって価値が変わります。

・ブラジル(欠点数によるカウント)
タイプ2
タイプ4/5

・ジャマイカ(欠点率によるカウント)
No1
No2
No3
トリエイジ

ジャマイカの代表的なコーヒーは、ブルーマウンテンです。

・インドネシア
G1〜G5

インドネシアはブラジル、ブルーマウンテンとは違い、スクリーンサイズと欠点数を分けて評価します。

・ラージ
・スモール
⬇︎
G1〜G5

ラージのG1、スモールのG3みたいな感じ。

等級をアピールした豆を買おう

同じ国の豆でも、等級をアピールした豆は高品質です。

お店の焙煎度合いにもよりますが、適当な豆を買うよりも確実です。

コーヒー豆選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気の投稿とページ

コメントを残す

*