店でたまに見る「ピーベリー」って知ってる?本当の知識

      2017/01/09

コーヒー豆に、ピーベリーという種類があります。

ピーベリーは希少ということだけしかしらなかったのですが、詳細を知ることができたのでシェアしようと思います。

1・ピーベリーとは

ピーベリーとは、豆の変異種です。

農場とか産地は関係なかったのですね。

ピーベリーを語るには、コーヒー豆について話さなければなりません。

2・フラットビーン

コーヒー豆はコーヒーの木の実から採取されますが、通常、その中身は生豆が二つあります。

その隣り合わせの形状がよくみるコーヒー豆の形で、平らで縦に線がはいってる状態です。

これをフラットビーンといいます。

ピーベリーはフラットビーンとは違い、木の実にひとつしかありません。

対面しているわけではないので、実のなかの丸っこい生豆がピーベリーと呼ばれる種類になります。

3:扱い

ピーベリーは変異種なので、産地の人からはあまりよく思われないこともあるようです。

生産側から見れば、実ひとつに2つコーヒー豆ができるのと、1つの豆しかできないのとでは効率があまりよくないからですね。

しかし、ピーベリーだけ集めた種類だと少し高値になります。

それはピーベリーが発生する確率が全体の3〜5%だからとのことです。

参考:http://www.kimameya.co.jp/mame/pberry.html

ピーベリーだから風味が変わることもあるようで、なんだかありがたいものとも捉えられます。

4・自宅でもピーベリーをみつけることはできる?

これは難しいと思います。

焙煎して商品化した際には、ある程度の異種は取り除かれているからです。

コーヒー豆の変種はほかにもあり、焙煎後も焼きムラがあれば取り除かれている場合も多いです。

もしかしたら、生豆を購入すればピーベリーはあるかもしれません。

5・最後に

味はどちらがよいかとくらべても、好みがあるのでなんともいえません。

オッドアイとか色違いのアルビノのような、ちょっと風変わりな種類として珍しいもの、と捉えるのがわかりやすく、偏らないかもしれませんね。

 - 知識 , , , ,