みんなが知りたいコーヒーの保管方法

   

どうも、コーヒーブロガー@gon_saemonです。

前の記事では「コーヒーをきっちり保管すれば店で挽いてもらったやつでも美味しいよ」

という記事を書きました。

きっちり保管するって、どうやればいいんだYO!という声が聞こえてきそうなのでここに記しておきます。

挽きたてが不味い理由は酸化

コーヒーの挽きたてが不味い理由は「酸化」です。

砕いたコーヒーは酸化で劣化してしまいます。

一度にたくさん砕いて、粉を空気に触れさせた状態で保存していると、劣化が激しくなってしまいます。

酸化は豆を焙煎した後から始まりますが、コーヒーの成分が一気に放出されるのは砕いた後なので、挽きたてコーヒーが美味しいという理由になります。

酸化を防いだらいいのだ

お店で挽いてもらった後の保管で一番大切なことは酸化を防ぐことです。

空気に触れさせなければ新鮮な状態が長続きします。

これで安心?

酸化を防ぐための方法

密封できる瓶

酸化を防ぐためには、真空状態であることです。

機密性の高い瓶に入れ替えましょう。

冷凍庫に入れる

酸化を防ぐために冷凍庫に入れます。

水分できるだけ無くして酸化を防ぐことができます。

使用する際も、固まった状態で使用しても問題なしです。

参考:【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」 | 焙煎アーティスト 島規之のブログ

ジップロックはどうかな?

タッパーやジップロックは手軽で機密性の高さがウリです。

野菜や魚のような生鮮食品を入れるのに適していますね。

もちろんコーヒー粉を入れるのもいいですが、粉の状態であれば中に細かい粉が散乱するかもしれません。

また、直射日光を浴びるとコーヒー豆、粉は一気に劣化してしまうので、日光に当たらない場所に置くのが良いでしょう。

散乱しない、日の光に当たらないようにするということを考えれば、買ったコーヒーの袋に移し変えず、保存は袋をクリップでとめジップロックに入れて冷凍庫に保管することが最適です。

まさしく、【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」 | 焙煎アーティスト 島規之のブログ
ニア書いてある通りですね。

砕いた粉が美味しく飲めるのは1週間

とまあ、保存方法を書きましたが、すみません、先ほどの話を否定します。

というのも、きっちり保管してもコーヒー粉を美味しく飲めるのはせいぜい1週間だからです。

美味しく飲むために、保存方法を工夫しても長く見積もって1週間です。

常温で開けっ放し放置すればどうなるでしょうか?

不味いコーヒーになるのは明らかです。

なので、本当にコーヒー粉を美味しく飲める方法は1週間以内に飲みきるです。

実は、コーヒー豆の状態であればもう少し長くてもいいそうです。

頑張れば1ヶ月は持つと言われています。

なので、コーヒーフリークスはコーヒーミルを買い、豆を保管して飲む分だけ挽くのですね。

終わりに

以上、保管方法でした。

これは自家焙煎所で豆を挽いてもらった時の他にも、コーヒー粉の商品を買った際にと使えますので、お試しください。

 - 知識 ,