「TEACOFFEE」めぐり京都のブランド会社がアサヒ飲料を提訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

今はやりのお茶とコーヒーをまぜた飲料を巡って、京都の会社がアサヒ飲料を提訴したとのことです。

ティコーヒーって既にあったんや・・・!

「ティーコーヒー」めぐり提訴 京都の会社、アサヒ飲料相手に商標権侵害で

お茶とコーヒーを混ぜた商品「ティーコーヒー」を巡り、類似の商品で商標権を侵害されたとして、商品企画などを手掛ける「エーゲル」(京都)が「アサヒ飲料」(東京)に3…

TEACOFFEEは既にあった

株式会社エーゲルという会社が、京茶珈琲というブランドを立ち上げています。

京茶珈琲NAGIKYOTO

京都のお茶と上質なコーヒー豆を使用したレギュラーコーヒーです。

溶かすのではなく、自分でドリップするものですね。

また、ドリップバッグもあるようです。

京都のTEACOFFEEは、ほうじ茶だけでなく煎茶や番茶もあります。

アサヒ飲料のTEACOFFEEはほうじ茶と番茶

煎茶もあるようですね。

こっちのほうが有名になってしまったけど、京茶珈琲は2016年に発売、2017年には商標登録をイラストつきで済ませています。

いっぽう、アサヒ飲料は今年2018年に発売しています。

というわけで、株式会社エーゲルからは「コンセプトを借用された」ということです。

アサヒ飲料「侵害には該当しない」という主張

レギュラーコーヒーと飲料なので、商標権侵害はしていないという主張です。

まだ最終判決は終わっていないと思います。

コンセプトが斬新なだけあって、熾烈な戦いになりそうですね。

BASEでも販売しているぞ

というわけで、爆発的に知れ渡ったTEACOFFEEにおけるトラブルのご紹介でした。

京茶珈琲はBASEでも出店しています。

気になったら是非!

京茶珈琲 on the BASE

京都宇治の銘茶が開く、コーヒーの新世界。「京茶珈琲」京都西陣のコーヒー焙煎職人が、京都宇治茶の銘茶に出会って、まったく新しいコーヒーが誕生しました。製茶工場直送の宇治茶と、世界中から取り寄せた選りすぐりのコーヒー豆を独自製法で丁寧にブレンド。日本茶の「旨味」や「渋み」が、コーヒーの味わいに新境地をもたらしました。思わず誰かに伝えたくなる…。味覚の感動体験をお届けします。京茶珈琲のホームペ…

コーヒーユーチューバーのカズマックスさんも紹介しています!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*