コーヒーバッグ初挑戦!美味しく飲む為のコツ

   

コーヒーバッグを購入しました。

LANDMADEさんのコーヒーバッグです。

神戸で自家焙煎コーヒー豆店をお探しなら – LANDMADE

さすが、365日飲めるコーヒーを目指している、簡単に美味しいコーヒーをめざした商品の1つです。

コーヒーバッグとはなんぞや?

ドリップバッグは折りたたみのドリッパーでハンドドリップするものです。

それだけでも十分簡単なんですが、コーヒーバッグは紅茶のティーバッグ同様、バッグをお湯に浸し抽出するものなのです。

なんて簡単!なぜ今までなかったのかしら!?

コーヒーバッグの淹れ方

お湯を入れます。

書いてある通り160mlで行きます。

コーヒーバッグを投入。2〜3分程度待ちます。

だんだん色が付いてきました。

適当に揺すってバッグを捨て、完成です。

コーヒーバッグ考察

コーヒーバッグは押さないフレンチプレスみたいなものです。

なのでうまく抽出するためには揺すらなければいけません。

コーヒーバッグは浸漬式であり透過式であるため、ゆすり過ぎると雑味が出てしまいます。

まず時間。

粉が奥までお湯に行き渡りベストな状態で抽出できるくらいが3〜4分だと思います。

蒸らしも有効です。別の容器にお湯を少し入れ、コーヒーをくぐらせるくらいがいいと思います。

それだともう少しお湯に置いておく時間は少なくても良さそうですね。

次に、揺らし。

揺らしで濃さを調節します。

浅煎りなので色の濃さはでませんが、香りが立ってくるのでご心配なく。

上下に5回程度揺らして完成です。

大きな調整は5回、小さな調整は3回、と自分の中でリズムを作れば調整しやすいかと思います。

コーヒーバッグの中身はなに?

ここに、コーヒーバッグがあるじゃろ?

これが

こうなって

こうじゃ

中細挽きですね。

実はこのバッグ、かなりキメが細かく、オイルまでシャットアウトしてくれます。

なのでわりとサッパリした舌触りです。

終わりに

コーヒーはすぐに酸化して不味くなってしまいがちですが、感覚で覚えるとコーヒーバッグはめちゃくちゃ簡単に、すぐ、美味しく飲めます。

また、豆を挽いたあと密封しているものを1袋ずつ開けて使うので、ストックしていても問題なしです。

職場に大量に置いておくこともできますし、ギフトで送るのもいいですね。

簡単だけど美味しいから問題ないよね!?

 - BEANS ,