スタバのロースタリーがオープン!ロースタリーってほかにどこがあるの?

      2017/01/09

朗報です!

スターバックスがカフェ兼ロースタリーを東京にオープンさせます。

プレスリリース(2016/10/20)|スターバックス コーヒー ジャパン

今まではせっかくのリザーブだったのが、製造がアメリカだったためあまりおいしくないということが見受けられました。

スタバの珈琲が不味い理由

この意見には僕も一部賛成で、せっかくの希少な豆が、アメリカで焙煎されるとなると日数や気圧でダメージを受けてしまうんじゃないのかなあ、と思っていました。

リザーブの焙煎所ができると、新鮮で焙煎したてのリザーブがのめるということ。焙煎したてのものが飲める、ということは、焙煎して数日たった一番おいしい時期の珈琲を狙えるということで、リザーブの本当のおいしさを体験できるというものです。

COEの豆を落札したこともあるスタバの珈琲を味わうことができるのは本当にすごいことなんです!

んで思ったのですが、ほかに「ロースタリー」とよばれるものってどこなんですかね?

ということで調べてみました。

・Beyond Coffee Roasters

Beyond Coffee Roasters

神戸は生田神社の裏手にあるロースタリーです。

ヒゲがかわいらしい。

ネットショップも開通しています。

・カフェ・ロースタリー・マルシン

カフェ・ロースタリー・マルシンのホームページへようこそ

ふるきよき名残を持つカフェロースタリーです。

ドンゴロスジュートバックがとってもかわいい。

・グリーンベリーズコーヒー

グリーンベリーズコーヒー ジャパン:Greenberry’s Japan

宝塚にあるこちらのロースタリー。

ブリトーやイングリッシュマフィンといったペアリングもそろっています。

そのおしゃれ感はまさしく宝塚。

まめや総本店

まめや総本店 | 珈琲生豆焙煎&カフェ

注文すればその場で焙煎してくれるロースタリーです。カフェが併設しているため、焙煎を待つ間にもコーヒーを飲むことができます。

自分だけのブレンドも作れるという、まさに豆の「問屋」といったところです。

というわけで、ロースタリー紹介でした。

結局、ロースタリーってなに?

ロースタリーというのは自家焙煎のことですね。

狭義の意味は焙煎助とカフェを併設している、という説もあります。

いずれも、自家焙煎はカフェもオープンしていることが多いです。

街の珈琲屋さんもロースタリーと呼べるものだったりします。

自分だけのお気に入りをみつけよう

街のロースタリーは地域に密着したお店も多いです。

ネームバリューだけにとらわれず、お気に入りのロースタリーをみつけたいところですね。

地域に密着といえば、スタバのロースタリーも「おしゃれなカフェ」から、地域に根付いたコーヒーの提供をする役割も担えるわけです。

「外国からやってきた黒船コーヒー」から、「街のコーヒー屋さん」になる日は近いのではないでしょうか?

それは、ちょっと考えすぎですかね??

 - ショップ , , , , , ,