アイスコーヒー

簡単!喫茶店の美味しいアイスコーヒーを作る3つのコツ

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

ついに日本国内で気温40度越えの地域がありましたね。

熱中症に気をつけてください。

水分補給のついでに、キンキンのアイスコーヒーを飲みたくなって来ませんか?

ただ冷やすだけだと、「なんかこれじゃない」感じが出てしまいます。

今回は、アイスコーヒーをもっと美味しくする工夫をご紹介します。

続きを読む

ネスレのアイスクレマコーヒーとアイスコーヒーとの違い

アイキャッチ画像引用:Amazon.co.jp

どうもコーヒーブロガーの@gon_saemonです。

今年の夏は「ドラフトコーヒー」が絶対にはやると豪語しているのですが、神戸ではオールシーズン体験できるところは「グリーンベリーズコーヒー」だけです。

と思っていたら、ネスレも「アイスクレマコーヒー」というものを出していますね。

いったいどんなものなのでしょうか。

続きを読む

コーヒー用語解説「アイコ」

コーヒー用語解説のコーナーです。

今回は「アイコ」です。

アイコの意味

アイコicoとは、アイスコーヒーの略です。

ice coffee略してico。国際コーヒー機構かな?

使用例

先日マックに居たら女子高生がたくさん入って来てレジ前が混雑していた。1人が「注文して行くから先座ってて」と言い「アイコ18」と、アイスコーヒー18個注文し席へ。その後ろにいた普段マックとか使わなそうなお婆ちゃん、何を思ったのか「トメコ74」と自己紹介をした。俺は死んだ。

マックで聞いた笑える会話のツイート集※コピペ | 現在中国は深セン駐在の食べ歩き大好きなアラフォーおじさんのブログ

関西地方の、少し上の世代で流行ったらしい

コナン「関西人はアイスコーヒーのことをレイコーって言うんだ」俺「言わないけど?」【op2】 – しらすちゃんねる

レイコ(冷コ)というパターンもあるみたいですね。

実際に聞いたことはないんですが、少し上の世代の、大衆喫茶店で流行ったらしいです。

大衆喫茶店はいいぞ

神戸のエビアンや日本橋のアメリカンなど、昔ながらの大衆喫茶店はとても魅力的です。

エビアンコーヒー – 旧居留地・大丸前/喫茶店 [食べログ]

純喫茶 アメリカン – 近鉄日本橋/喫茶店 [食べログ]

時代を感じる内装、変わらないサービス。時間旅行には最適です。

昔のタバコ自販機や洋テーブルなど、見てるだけでも面白いですね。

最先端のおしゃれカフェもいいですが、昔ながらの純喫茶にも行きたくなります。

家でアイコを作るには

美味しいアイコを作るには、コーヒーを淹れた後にすぐ氷で粗熱を取った後密封して冷蔵庫にしまうという方法があります。

氷が多いと、溶けた氷によって薄くなってしまうため、氷を少なくして他の冷却方法を考えるか、濃くつくるかのどちらかになります。

水出しコーヒーはコールドブリューといわれ、粉を水につけて長時間かけて抽出する方法です。コーヒーバッグや水出しコーヒー用ボトルを使って抽出します。

おわりに

まだ寒い日は続きますが、アイコも飲みたくなる時があります。

こたつの中で飲むアイコ…最高やな!

他にもまだまだあるぞ!コーヒー用語解説のコーナー

コールドブリューって普通のアイコ(アイスコーヒー)と何が違うの?

最近、コールドブリューってよく聞きますよね。

コールドブリュー コーヒー|スターバックス コーヒー ジャパン

スターバックス コーヒー ジャパンのコールドブリュー コーヒーについてご紹介します。

そもそも、コールドブリューってなんなんでしょう?

とりあえずコールドブリューと言っておけば「キャーステキ!」と言われたり、流石と言わんばかりにシューゴローに引き抜かれてしまうのでしょうか?

というわけで、今回はコールドブリューについてお話ししようと思います。

コールドブリューは水出しアイスコーヒー

コールドブリューとは、低温抽出で淹れたコーヒーの事です。

低温抽出とは、お湯を沸かさず、水でコーヒーを淹れる手法なのです。

喫茶店ではダッチコーヒーと呼ばれることが多いです。

水出しアイスコーヒーって何が違うの?

水出しでないアイスコーヒーは非常に繊細で、作るのがとても難しいです。

花山くんの言うところには、冷たいと味覚が感じにくく、特に酸味が強くなってしまいます。

また、氷を入れると、その氷が溶けて薄まってしまうという欠点もあります。

ドリップでのアイスコーヒーの作り方といえば、多めに豆を挽き、先に氷を敷き詰めたサーバーにドリップすることで瞬間的に冷やすというもの。分量が難しく、家でアイスコーヒーを作るのが難しい理由でもあります。

熱湯で淹れたコーヒーは酸素に触れ続けるとどんどん酸味、エグみが増えてしまいます。なので、ドリップしたコーヒーをいかに早く冷却するかが大事になります。

対して水出しコーヒーは冷水でコーヒーを淹れる手法です。

熱湯でないとコーヒーの粉から成分が抽出されないのですが、10時間くらいコーヒーの粉を水に漬け続けると、ゆっくりゆっくり抽出されます。

それを濾せばコーヒーの出来上がりです。

ホットコーヒーより少し酸化しにくいという利点もあります。

これが、水出しアイスコーヒー、つまりコールドブリューなのです。

家でコールドブリューをするには

家で水出しアイスコーヒーを作るには、アイスコーヒー用のコーヒー豆(もしくは粉)と、水出しコーヒー用のプレスが必要です。

これにコーヒー粉と水を分けて入れ、冷蔵庫で一晩寝かせると完成です。

アイスコーヒー用のコーヒー豆や粉が販売されているので、そちらを使用しましょう。

オシャレなコールドブリューを飲みにいこう

ただのアイスコーヒーであれば「アイコちょうだいな!」と頼んだらよいでしょう。(関西ネタ)

しかし、コールドブリューを飲みに行くとなれば、わざわざオシャレなお店にいくという選択肢も増えます。

暑くなる夏にピッタリのコールドブリューを飲みにでかけませんか?

ココが噂の西国分寺のカフェ!「クルミドコーヒー」が愛され続けている理由 – TRILL【トリル】

オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ (ALLPRESS ESPRESSO) – 清澄白河/コーヒー専門店 [食べログ]

バー・ジンガロ (Bar Zingaro) – 中野/カフェ [食べログ]

クルミドコーヒー (KURUMED COFFEE) – 西国分寺/カフェ [食べログ]

まとめ

コールドブリューはアイコ(関西で言うところのアイスコーヒー)ですが、サードウェーブ的な流行です。

缶コーヒーにもコールドブリューと銘打ったものもあるので、これからの時期にどんどん増えていくでしょう!

さまざまなアレンジコールドブリュー、楽しみです!

アイコってなに?

コーヒー用語解説「アイコ」