皆さんは、日本に2台しかない超高級コーヒーメーカーをご存知でしょうか?

名前を「Seraphim」といいます。

Seraphim | Brewmatic Japan Ltd.

アメリカのカーチスという会社で製造され、ブリューマチックジャパンという会社が販売しています。

Seraphim/curtis
brewmaticjapanホームページ

流線形でスタイリッシュなカタチをしています。

21個の穴からお湯を注ぐことで、無駄なく抽出ができるようです。

21穴といえばハリオの珈琲王もそれでしたね。

至高のコーヒーメーカー ハリオ V60 珈琲王

タッチパネルの操作によって全自動で抽出が行えます。

ワゴンの中にタンクやその他必要なものをキープできる仕組みとなっているのでしょうか。

1杯用と2杯用とがありますが、いずれもコーヒーメーカーでり、エスプレッソは作れません。

日本で3台目に導入される方はご注意を。

ということで、日本ではまだ事例が2件しかありません。

公式ページではさすがに業務用なので値段の記載はありませんでしたが、アメリカのアマゾンでは普通に販売していました。

amazon-Seraphim

2016/12/28現在、$5,704.86にて販売されています。

日本円にして、約67万円です。

たっか!!!!!!!

そんなcurtisのSeraphimですが、現在日本で導入されている店舗の一つに「タリーズ青葉台店」が上がります。

プレスリリース(2016/10/26) | TULLY’S COFFEE

タリーズ青葉台店では、ロースタリーを併設している特殊な店舗で、上質な珈琲豆を高級なコーヒーマシンで飲むことができます。

タリーズの本気、見したれや!!!

ということで、世界の珍しいコーヒーメーカー紹介とタリーズ青葉台店行きたい、という記事でした。

(だれか写メとってインスタかツイッターであげてくれないかな。。。)