ハンドドリップ

知ってる?定番4種のコーヒードリッパーの特徴と選び方

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

ハンドドリップは、コーヒーを淹れるオードソックスな手法です。

同時に、自分で味を調節できるという「こだわり」が反映されやすい面もあります。

この理由から、ハンドドリップが好きな方が多いのですが、新しくハンドドリップに挑戦したい人は、何を持てばよいのでしょうか。

数あるドリッパーの中から、各種の解説を行います。

続きを読む

みんな知ってた?コーノとハリオの違いと関係

ハンドドリッパーは大きく2つ、台形と円錐形とで分かれますが、円錐形にも2つ、コーノ式とハリオ式(V60)に分かれます。

今回はその円錐形についてお話ししようと思います。

コーノ式とハリオ式の違い

コーノ式ドリッパーの特徴

・浸漬的抽出
・抽出穴が小さい
・リブが短い

ハリオ式ドリッパー(V60)の特徴

・透化的抽出
・抽出穴が大きい
・リブが長く、螺旋状のつくり

ざっくり以上です。

ここから言えることは、コーノ式とハリオ式とでは淹れ方が全く違います。

コーノ式は粉にお湯を漬けて落とすような浸漬的な抽出を行います。

同じく浸漬的な抽出だとイブリックやサイフォンがあります。

ただ、フィルターを通すのでコーヒーの油分はある程度削ぎ落とされます。

なのでコーヒーの味をしっかりと引き出し、同時に雑味をシャットアウトできる、というわけです。

対するハリオ式(V60)は透化的な抽出なので、コーヒーの味の良いところ取りができます。

ハリオ式は雑味をしっかり除外できる作りとなっています。

リブの形状が螺旋状で、上手く炭酸ガスを抜ける仕組みになっています。

同じ円錐形のドリッパーですが、構造は全く違うのですね。

類似品ではない!?

構造が全く違うという事を理解した上で、コーノ式ドリッパーを製造販売している珈琲サイフオン株式会社さんのサイトでは。

※類似品にご注意ください!

コーノ円すいフィルターは下部のみにリブがあり上部にペーパーがはりつく為、コーヒー液がセンターに集中するように作られております。類似品は上部までリブがあり、コーヒー液はセンターに集中せずサイド部分より横モレしてしまう構造になっています。

コーノ円すいフィルターは、純正のコーノ円すいペーパーを使用することにより更にコーヒーの味が引き立つよう工夫されています。よりおいしいコーヒー抽出のためにも、コーノ円すいフィルター&ペーパーのご使用をお奨めします。

引用:コーノ式(KONO式) 円すいペーパーフィルター MD-25 MD-45 KS-20 KS-40

類似品ってのは、もしかしてハリオさん!?

まあ、違うと思うのですが(笑)

純正フィルターを使うことを奨励するのはどこのメーカーでもそうですし、コーノ式ならコーノ式のフィルター、ハリオ式ならハリオ式のフィルターを使用したほうがよさそうです。

ということでメディアのみなさん、コーノ式の記事を書くときはハリオのフィルターを広告で出すのをやめましょう!

<h2ハリオのケトルは例外!?>

珈琲サイフオン株式会社は、ケトルの製造は行っていません。

通販商品ページではしっかりと「ハリオ ヴォーノ」が載ってあります。

以上、コーノ式とハリオ式の奇妙な関係でした。