バリスタ

阪急駅ナカにネスカフェスタンドがオープン

阪急の駅ナカにネスカフェバリスタやドルチェグストが飲めるスタンドがオープンしました。

阪急のエキからはじまる「ネスカフェ スタンド」|ネスレのコーヒーショップ

駅のホーム内にスタンドができることで、気軽に買って飲んで待つことができます。

喫茶店に行かないまでも、暖かいコーヒーを飲んで待ちたい人には最適です。

ちょうど寒くなってきてるし、ちょうどいいサービスですね。

全ドリンク1杯100円、2ヶ月30杯まで980円で飲むことができます。

スタンドがある駅は塚口駅、逆瀬川駅、岡町駅、総持寺駅、高槻市駅です。

明日まで半額で飲めるので、会社帰り、たまには遠出でいかがでしょうか?

家庭向け宣伝では1杯数十円!と謳ってるから、比べてしまうと1杯100円は高いですかね?

原価を気にせず、手軽に飲めることに価値を見出しましょう。

西宮北口駅にも欲しいなあ。

UCCドリップポッドはネスカフェとどう違うか

カプセルコーヒー戦国時代

ネスカフェのバリスタやUCCのドリップポッドといったカプセルコーヒーが流通しています。

サンクスなどもカプセルコーヒーを使用しているので、コンビニコーヒーも参入しカプセルコーヒー戦国時代となっています。

今回はそんな一雄であるUCCのドリップポッドを紹介します。

ドリップコーヒーシステム DRIP POD(ドリップポッド)

ドリップポッドが淹れてるれるコーヒーたち

エスプレッソやアレンジコーヒーが簡単に作れるネスカフェに対し、UCCのドリップポッドはコーヒーの味で勝負しています。

ラインナップは上質なコーヒーばかりです。

・スペシャリティコーヒーが飲める「スペシャリティ」

・上質なコーヒーばかり揃えた「プレミアム」

・有機栽培のコーヒー、紅茶「オーガニック」

・鑑定士お墨付きのコーヒーや煎茶「デイリー」

ラテ機能なしの分、コーヒーの味で勝負しています。

無駄な機能を省いたミニマリスト

ミルクタンクや余計なボタンはなく、お湯の量を選びボタンを押すだけで美味しいコーヒーがつくれます。

蒸らしの動作を再現したお湯を落とすので、ヘタなコーヒーメーカーよりもうまいつくりになります。

それ以外はなく、横幅もコンパクトな造りになっています。


力のドリップポッド、技のネスカフェバリスタ

手軽に美味しいコーヒーが飲みたいならドリップポッド、自分でドリップしたい派で、もっとエスプレッソドリンクが飲みたいならネスカフェバリスタ、という風な選び方ができると思います。

他にも、白と金が綺麗だからドリップポッドを買っている、というのもアリです。

家でも満足なコーヒー、飲みましょう。