AbemaTVのCOFFEE 3RD CUPみた?見てない人の為にまとめてみた(リンク付)

   

本日13:23よりAbemaTVにて放送されました、COFFEE 3RD CUP、皆さん見ましたか?

見てなかった!という人の為に、ちょっとしたまとめを書こうと思います!

視聴前のコーヒープリーズ!記事です
abemaTVにてコーヒー番組が新登場!果たしてその内容は? | コーヒープリーズ!

click coffee works

COFFEE 3RD CUP、今回は福岡特集でした。

まずは、clickcoffeeworksさんのインタビュー。

コーヒーイベントの企画やグッズの販売を行っています。

コーヒーをより身近にできるような企画を行っているとのことです。

珈琲美美(ビミと呼びます)も映ってましたね。

珈琲美美は赤坂にある喫茶店です。

博多駅から20分程度でいけるみたいです。

福岡城の近くで、観光にも便利そうですね。

manu coffee

manu coffe official site | マヌコーヒーオフィシャルサイト

福岡に5店舗あります。

お土産にもいいブレンドやシングルオリジンローストがおいしそうです。

通販もやっているようですね。

マスカルコーヒー

マスカルコーヒー/食べログ

エチオピア押しのカフェです。

月一回のコーヒーセレモニーは人気のようですね。

インタビュー1・豆香洞コーヒー

豆香洞コーヒー ー職人こだわりの手作り珈琲店ー

シングルオリジンのコーヒー豆やブレンドギフトなどを取り扱っています。

インタビューでは「安心して飲めるよう、味がかわらない、安定して”おいしすぎない”コーヒーも大事だ」とのこと。

コーヒーは嗜好品なので、常においしさと共に新しいものを取り入れることが大事。

それに加えて地元愛。

コーヒーとのつながりは多様性が当たり前の世界なので、コーヒーだからこそ、それができる。

インタビュー2:REC COFFEE

競技会で優勝経験のあるカフェ、REC COFFEE!

その腕前は日本を代表するレベルです。

REC COFFEE / レックコーヒー

そんな高レベルなREC COFFEEは、移動販売からのスタートだそうです。

車を使っての販売は、水や電気を全ての自前で用意しなければいけないので、とても苦労したとのことです。

また、積極的に競技会へ参加することについて。

コーヒーを客観的にみることが難しく、競技会に出場することで腕前を客観的にみることができる。

スペシャリティコーヒーなど、自分の価値観を主張しなければいけない場面もあるが、コーヒーは基本的には相互にシェアできるものである。

競技会では競技会用のコーヒーとどのように出会えたか、それをどのように伝える、表現するか。それを考えている。

との事でした。

おわりに

福岡のコーヒーは、地元愛と新しい挑戦に溢れていると感じました。

全国区のコーヒーだけでなく、地元に密着したコーヒーも魅力的で、進化しているんだと思います。

それを形にすることが店舗であり、clickcoffeeworksのようなイベンターでもあるということですね。

このブログもコーヒーの魅力や楽しみをもっと表現できればと思いました。

あとがき

これって毎週やるの?

 - ウェブ , ,