本当に美味いコーヒーは君の心にあるのだ〜人の珈琲を笑うな〜

   

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

なにやらツイッターで話題に上がっている、「コーヒーとミルク」ですが、そろそろ俺もぶった切ったほうがいいと思ったので書きます。

本当に美味いコーヒーの是非

語るだけなのでコトの発端は言わないですが、要は「コーヒーはミルク無しの方がよいのか」ですね。

僕の答えはこうです。

美味いコーヒーはミルク砂糖を入れても美味い。けどコーヒー本来の味じゃない

当然、ミルクや砂糖を入れても美味いコーヒーは美味いです。

というより、コーヒー全体の味が上がっている昨今、ミルクを入れないと飲めないコーヒーはほとんどないと思います。

アホほど濃くしたインスタントくらいじゃない?

さて、カフェオレや砂糖を入れたコーヒーは当然ある程度の基準で美味いんですが、それはコーヒー本来の味ではないです。

詳しくいうと「コーヒーに砂糖とミルクで味を整えためっちゃうまいドリンク」です。

品質表示的に言えば「コーヒー飲料」ですね。

コーヒー本来の味が「ミルクによって薄まる」という言い分はまああってるっちゃあってるのです。

他者が人のコーヒーを指図すべきではない

「こうすればうまいよ!」

「これを飲んだらいいよ!」

というのは別によいのですが、「コーヒーはこうでなくちゃ」と決めつけることはよくないです。

それがコーヒーであっても、コーヒー飲料であってもです。

こういう輩達がいるから、コーヒー論争は終わらないのです。

別にコーヒーにミルクと砂糖を入れてもよいと思います。

万が一砂糖の価値が上がり、角砂糖1個で車が買えるようになってしまったら話は別ですが。

コーヒーを「楽しむ」ことに関して言えば他者が入る余地はないのです。

「コーヒーはこう飲め」とかいうのを聞くと、「高菜食べちゃったんですか!?」を思い出します。

ラーメンはよくてコーヒーは悪いのか問題

こう考えるとわりとわかりやすいですね。

以前、ラーメン屋に入ると「〜から味わってください。」「その後に○○を入れてください」等の注意書きがありました。

つまりこういうことですよね。

ラーメンは「よくあるネタ」で通るのに、コーヒーだと悪くなってしまうのでしょうか。

本当に美味いコーヒーは君の「こころ」にあるのだ

ラーメンにそんな注意書きがあっても全く無視する派なので特に今回の件も気にならなかったのですが、いかんせん話の方向がちがったかなと思います。

本当に美味いコーヒーは、自分の中にしかありません。

それはコーヒーなのかコーヒー飲料なのかは関係ありません。

「うまい」と思ったコーヒーが、美味いコーヒーなのです。

だれもそれを味音痴だと言う権利はないのです。

サードウェーブは傾向であって味ではない

サードウェーブは「コーヒー本来の味を楽しむ」意味ですが、もう一つ「機能的な屋内で機能的なコーヒーを楽しむ」こともあるんじゃないかなと思います。

中煎や酸味が持て囃されがちなサードウェーブですが、俺の考えだとサードウェーブは「コーヒーの味の違いがわかってきたので、国だけでない農園や種類まで違うコーヒーを飲もうというブーム」です。

いままで苦味の強い深煎りやブレンドばかりだったものが、酸味のあるコーヒーって珍しくない?っていう感じにブームになっているだけで、もしかしたらまた苦味にフォーカスが当たるかもしれません。

なのでサードウェーブは不味い、ということもありません。

不味い豆を扱っている店、というのはあるかもしれませんが俺はまだみたことないです。

終わりに

おいしければなんでもいいじゃない

 - コラム