イタリアでスターバックス1号が出店予定!文化になじめるか?

      2017/01/09

イタリアでスターバックスの1号店がオープンするとのニュースです。

スターバックス、ついにイタリア進出 ” WIRED.jp

鳥取県よりも遅かったんですね。

イタリアでスターバックスが出ない理由は、いくつかあります。

イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由が判明→コーヒーで長居することはないとの意見 – ライブドアニュース

イタリアでは喫茶店は長居するようなところではないことが一番でした。

イタリアではエスプレッソは仕事前や食後の1杯です。それは「ゆったり」「まったり」というイメージではなく、「きつけ」の1杯です。

エナジードリンクのようなイメージですね。なので立ち飲みカウンターが多い、ということです。

エスプレッソは元来、高温、高圧で抽出した量の少ないもの。スターバックスはそのエスプレッソにアレンジします。

甘いものが好きなイタリアではそこがウケそう。

また、個人経営店舗が多く、独自の文化が根付いていることもネックでした。

これは「商店街にイ〇ンができる!」というものではなく、シエスタなどの休憩、休日が多いけど、そのあたりは大丈夫なの?というほうが強いかもしれません。

まあ、そのあたりは人を集めて交代でシエスタに行く、という手段が取れます。

従業員が集まればの話ですがね。

まとめると、特殊なイタリア文化に外資のシアトル系コーヒースタンドがうまくマッチできるか、ということですが、まあうまくいけばだいじょうなんじゃないかなあと思います。

ここでヒットすればスターバックスはかなり飛躍できますね。

一つ要望があります。

スターバックスではおなじみの地域別限定商品ですが、イタリアで始めるならばぜひとも日本でも販売してほしいんですよね。

なんてったってペルカッシグループとの関係を持っているから。

ペルカッシグループといえばキコミラノです。

イタリア発、人気コスメブランド「KIKO MILANO」のマニキュアが優秀すぎるって噂 | femit-高感度な大人ガールのためのキレイスタイルマガジン

ブランド監修のタンブラーとあればそりゃあおしゃれなものに仕上がるでしょう。

 - ウェブ, コラム , , , ,