サードウェーブとスターバックスと僕たちのコーヒーの行方

      2017/01/09

サードウェーブとスタバとコーヒー屋たん

コーヒー屋たんがかわいかったのでブログ記事にします。

みんなフォローしよう!

コーヒー屋たんの自己紹介~コーヒーの味を評価するということ~

スターバックスがサードウェーブを引き連れた、ということです。

昔ながらの喫茶店は「ブレンド」「アメリカン」「アイスコーヒー」といった単一的なコーヒーでした。

しかしスターバックスによる単一農園(シングルオリジン)の豆を流行させた事で爆発的にサードウェーブとなった、という解釈です。

そのことは「僕はコーヒーが飲めない」でも語られています。


こういうことがあって、僕たち消費者は農園をみて珈琲豆を買うことができるのです。

もう一つ、洗浄方法で買うこともできます。

商品情報 | ビーンズ | ほのかな甘み | TULLY’S COFFEE

このような、特徴的な洗浄をしている豆もあります。

しかし、僕たちはその違いがわかりません。

僕たちはその味の違いをまだ知らない

日本のコーヒーの消費量は年々増加しており、マーケットが大きくなり、同時にニーズも大きくなります。

しかし僕たちコーヒーの違いがいまいちわかりません。

同じ産地でも保管状態や焙煎度合い、加工によって大きくかわります。

コーヒーの味わいは人それぞれ違いますし、好みが違います。

しかし、それを表現する事は難しく、単一農園毎に味を評価する事は簡単ではありません。

そこまでのこだわりを持っていない人も多く、単一農園でないといけないという必要性が高いとも言い切れません。

ですが、不味いという感覚はすこしわかると思います。そればかりが敏感になってしまうというよくない展開になってしまいます。

いくぜ、コーヒーメディアのダチ公たち

良くも悪くも珈琲の味を知るために、もっともっと珈琲の事をしらなければいけません。

正しい知識を知り、正しい評価をしなければいけません。

美味しく魅せるために嘘をついてはいけません。嘘を嘘と見抜けなければいけません。

苦味、酸味を感じて、好き嫌いを理解しなければいけません。

珈琲豆やドリンク商品を知ってもらい、個々の想いを表現できる場所が必要です。

そのためにブログや、メディアがあるんじゃないかと思います。

最後に、ぜひチェックすべきコーヒーサイトをご紹介します。

コーヒーメディア – CoffeeMecca[コーヒーメッカ]
Coffee
【うちラテ】お家でラテアート!ラテアートの作り方・コツをご紹介!
コーヒーをよりフランクに!
コーヒーブログ部

珈琲をより理解することで、より美味しくなることを信じて、これからも楽しく記事更新していきますので、今後ともよろしくお願いします。

 - ウェブ, コラム , ,