コーヒー器具の高かろう安かろうを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、コーヒーブロガー@gon_saemonです。

どんどん新しいコーヒー器具が登場しています。

どれも欲しい!でもお金がない!

そんな私のために、今回はコーヒー器具の高い安い商品を並べて見ました。

どちらを買うかは自分次第。それでは行って見ましょう。

コーヒードリッパー

2000円くらい

3000円くらい

300円くらい

プラスチックのドリッパーであれば500円以内で買えるのですが、特殊な構造、変わった素材であれば2000円以上しますね。

安ければたくさん揃えることもできます。

安いのと高いのを1つずつ持っておくのもよさそう。

一体型ドリッパー

4000円くらい

2500円くらい

7000円くらい(安ければ5000円以内)

同じ形状なのに1000円以上値段が変わってきます。

しかしケメックスは専用のフィルターが入りますし、ハリオはネル式。

キントーに至ってはフィルターレスです。

同じような形でも使い方は違いますね。

コーヒーケトル

14000円くらい

5000円くらい

2000円くらい

12000円くらい

6000円くらい

素材や耐久性もありますが、同じケトルでしょ?と思ってしまいます。

電気ケトルならまだしも。細口ケトルは安いのと高いのは見分けつけにくいですね。

実際に使って見たら使用感で違いがわかるのでしょうか。

安かろう悪かろう?

安いからといって粗悪なものでもないし、高いからといってコーヒーが抜群に美味しくなるものでもないと思います。

安いものを使えばコーヒーを楽しむハードルは低くなります。そのままコーヒーの世界へとドップリハマることもあれば、離れやすくもなると思います。

逆に高いものはハードルが高い反面、「せっかく高いものを買ったんだから」と意気込むこともあります。

というわけで安いから悪い、高いから良いというわけではなさそうです。

おわりに

なんか同じようなこと考えてたなと思ったら、ギターや野球道具選びもそんな感じですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*