超入門!ハンドドリップのコーヒーの淹れ方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

コーヒーを趣味として始めるときに迷うのが、ハンドドリップです。

ハンドドリップは「自由に味を調整できる」といわれます。

しかし他方では、「素人では難しい」と言われることがあります。

ハードルが高いように思えます。

そこで今回は、初心者でも美味しく淹れられるハンドドリップの方法をお教えします。

超簡単!ハンドドリップで美味しいコーヒー

ハンドドリップは味を調整できる反面、安定して淹れられないという特徴があります。

そこで初心者でもハンドドリップが安定して行えるツールをご紹介します。

カリタ 一つ穴ドリッパー

メリタはコーヒードリッパーの代表的なメーカーです。

1つ穴から均一に抽出されるため、勢いが変わっても安定して抽出が行えます。

もちろん、蒸らしを行うことでより美味しく淹れられますよ。

クレバードリッパー

クレバーコーヒードリッパーは、底面にストッパーがあります。

ストッパーによってお湯の注ぎがセーブされ、お湯が落ちる速度が適正になります。

ある程度注ぎ溜めしても、落ちる速度は一定なので安定して抽出が行えるわけです。

ハンドドリップってなにが難しいの?

2点のツールをご紹介しました。

ここでハンドドリップの説明です。

ハンドドリップはお湯をコーヒーの粉に当て、抽出する方法です。

コーヒーはお湯が当たると内包していた炭酸ガスが抜けて膨らみます。

そのガスがお湯を妨げてしまい、粉がお湯に均一に当たらず、味が変化してしまいます。

コーヒー粉がお湯に当たる時間の長さで苦味、酸味が変わってきます。

お湯の太さや量、はやさ等によって粉がお湯に触れる時間が変わってくるので、安定してお湯を注がないといけません。

そこが「ハンドドリップの難しさ」です。同時に、「楽しさ」でもあると思います。

ですが、安定していないと本来の美味しさがわからない危険もあるので、初めは安定した抽出の味を覚えた方がよいでしょう。

メリタやクレバーコーヒードリッパーは初心者だけでなく中級者でも楽しく使えるツールだと思います。

ぜひ気になったら調べてみてください。

http://www.0141coffee.com/dorip/clever.html

http://www.melitta.co.jp/charm/melitta.html

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*