コーヒー用語解説「クレマ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コーヒー用語解説のお時間です。

今回は「クレマ」

クレマとは、エスプレッソの泡である

クレマとは、エスプレッソを入れた時の泡のことです。

泡の正体は炭酸ガスです。ハンドドリップの時の炭酸ガスと同じですね。

エスプレッソは高い気圧で押して抽出するので、空気の逃げ場がありません。

コーヒー粉の間で炭酸ガスが充満し、泡が小さくなります。

それが抽出時にコーヒーと混ざり、クレマとなります。

クレマがエスプレッソの質の証

良いクレマは高い気圧であること、豆が新鮮であることが条件です。

なので、エスプレッソの質はよくクレマで見られることがあります。

気圧はマシンの性能やタンピングによって左右されるので、技術によるものもあります。

使用例

「ゲイシャのエスプレッソが美味すぎてクレマ吹いたわ」

「マキネッタではクレマは出にくい。クレマが出るくらいの気圧がでるのはブリッカ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*