コーヒー用語解説「コーヒーベルト」

こんにちは。GONです。

今回のコーヒー用語解説。テーマは「コーヒーベルト」です。

コーヒーが栽培できる場所

コーヒーベルトとは、コーヒーが栽培できる場所のことを言います。

赤道を中心に北緯25度から南緯25度の間がコーヒーベルトです。

コーヒーが栽培できる条件として

・雨

・日当たり

・湿度

・土質

があります。

赤道を中心に北緯25度、南緯25度のエリアすべてがコーヒーを栽培できるわけではなく、それぞれ難しい条件をクリアしているのが、コーヒーベルトといわれる地帯なのです。

日本でもコーヒーを栽培している地域がある

沖縄や鹿児島など、日本列島の南の方でコーヒーを栽培、生産しようとしている団体があります。

又吉コーヒー園|貴重な沖縄県産コーヒーを手摘み収穫&焙煎体験を紹介

また、併設のカフェスペースでは無農薬コーヒーのほか、施設内で採れたマンゴージュース、ホットドックや沖縄ぜんざいなどのメニューも充実。今帰仁村にあった人気ベーカリー「Coo(クー)」のパンも並んでいます。カフェスペースのみの利用もOKなので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。 ・・・・・・・・・・ …

一般社団法人 鹿児島県産珈琲生産協会

鹿児島県でコーヒーを栽培する生産者を支える法人です。国産コーヒーに興味のある方、本格的にコーヒーを栽培したい方、コーヒー栽培を応援したい方など、それぞれを一つに繋いで、「鹿児島を一大コーヒー生産地に」するために活動しています。

知らない国のコーヒーがあったら調べてみよう

初めてパプアニューギニアのコーヒーを飲んだ時に、

「ここ、どこのだ??」

と疑問に思い調べていました。

コーヒーを飲んで、その場所を知ることでまた違う楽しみ方もできますよ!

使用例

A「ベルトがきつくて入らない」

B「太いタイプのベルトにしたら?コーヒーベルトみたいに」

A「バックルが目立たないやつじゃん」

B「まず痩せろよ」

B「コーヒー飲んでダイエットするわ」