コーヒーポーションは時代が生んだ次世代おうちコーヒー

   

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

ネスプレッソやUCCドリップポッド等で見ることができる「コーヒーポーション」ですが、よく考えてみるとすごいですよね。

と思ったことを書いていきます。

コーヒーポーションって何

コーヒーは豆を挽いて粉にして、お湯をいれるのが一般です。

粉の状態では鮮度が落ちやすく、また200gや500gなどでの販売がほとんどです。

1杯数十円なのに空気抜いて容器用意して。。。ていうのはコストもかかるし、何杯淹れるか家庭によって想定しづらいっていうのもあるかもしれません。

ですが、最近ポーションタイプのコーヒーが出回ってますね。

みんなが知ってるアレですよ。

なにがポーションなのかは後述します。

そのまえに。

コーヒーポーションの利点

コーヒーポーションの利点はその手軽さです。

手軽さ、といっても結構広くあるので箇条書きにします。

・必要人数、杯数を把握しやすい

・保存が長い

・プレゼント、お土産に最適

・手軽にそのショップの味を知ることができる

・料理に使用できる

などなど。

遠出でコーヒーショップに行った際のお土産や、コーヒー好きへのシェアにもできますね。

その人が豆や粉をたくさん持っていてもポーションタイプならさほど場所をとりません。

また、使うときもグラム数を測らず使える、商品によっては料理にも使える、ということです。

コーヒーのお土産はインスタントが定番、と考えていましたが、なるほどドリップバッグのお土産もいいですね。

たくさんコーヒーを淹れることって少なくなってる?

ふと思います。

大容量マグであれば2~3杯ですが、5杯ぐらいの大容量をコーヒーで淹れることって少なくなってきてませんか?

核家族が進み、人の集まりやお代わり前提で淹れるくらいが限度じゃないかなって思います。

実家にいたときはお湯を限度まで入れて、粉を何杯もいれて一気に作っていたんですが、最近は1~2杯で十分。

もしかしたら、こういう家庭状況が増えて、手軽なコーヒーポーションが増えているのかもしれません。

コーヒーミルやコーヒー用もケトルがなくても、グレードの高いコーヒーを飲むことができるので、ひょっとしたらミルやケトルを持っていないコーヒー好きもいるかもしれませんね。

コーヒーポーションは例えばどんなか

ポーションを「1杯用」とすると、あれこれでてきますね。

ブレンディのカフェラトリーとか

ネスカフェも出してますね。

ネスカフェドルチェグストのカプセルとかUCCのdrippodとか

ドリップバッグとかもそうです。

コーヒーフレッシュなんかもポーションですね。

濃縮タイプのポーションというのもある

冷水や牛乳と割って飲む濃縮タイプがあります。

よりコンパクトになって、場所をとらなくなりますね。

また、料理にも使えるとのことです。

糖質制限★スポンジレンチン簡単ティラミス by ★CHANVRE★

「糖質制限★スポンジレンチン簡単ティラミス」所要時間30分で簡単本格的ティラミス♡がっつり4分の1食べても糖質3.8g☆ 材料:★スポンジ、無塩バター、卵..

おわりに

というわけで今回はポーションタイプについて考えてみました。

こだわる人はこだわる人で、こういう商品も売れる時代になったんですね。

いやー時代ですなあ。

 - コーヒー事情 ,