新しい年にコーヒーを始めたい人向けの機材紹介(予算5000円以内)

      2017/01/09

新年あけて、せっかくだからコーヒー生活でもはじめたいな、という人いますか?

始めたいけど種類がありすぎて何を買ってよいかわからない、という人いますか?

そんな人のために、今回は手軽に買えてすぐに始められる珈琲グッズを紹介しようと思います。

予算は5000円以内で収めようと思います。

1・珈琲に必要なもの(ハンドドリップ)

珈琲豆
ミル
ポット
ドリッパー
フィルター
サーバー
カップ

以上です。

そのなかでも、特に重要な機材を紹介します。

a:ポット

珈琲用のポットは「軽い」「注ぎ口が細い」です。ドリップをしやすくするには必要な要素ですので、やかんでなくぜひ珈琲用のポットを使ってください。

b:ドリッパー

ドリッパーは珈琲の粉を受けるための機材です。フィルターと併用しなければなりません。

ドリッパーは形状によって若干の差異がありますが、重要なのは慣れなので特に気にする必要はありません。

ハンドドリップの4種類。違いを知って機材選びを。

c:サーバー

これはあってもなくてもどちらでもよいです。

サーバーがあるほうが何杯も淹れることができ、アイスコーヒーをつくることもでき、カフェオレも作りやすいですが、なくてもドリッパーをカップにセットするだけで珈琲をつくることができます。

なんと、大手メーカーのハリオからフィルターとドリッパーとサーバーがセットになった商品があります。

これ買ったらイッパツですね。

この2商品、両方買っても4000円ほど。あとは珈琲豆を買っても5000円に収まります。

2・注意点

ミルはないので、コーヒーを買うときはすでに挽いたものを選びましょう。

ちなみに、手動ミルは数千円で買えます。

これは私が使っているもので、2000円ちょっと。

電動ミルは1万円超える場合もあります。

3・最後に

機材は大事です。

コーヒーの粉はレギュラーコーヒーでも楽しめますが、インスタントコーヒーでなければ上記機材が必要になってきます。インスタントコーヒー以外は、買っても機材がなければ珈琲は楽しめません。

逆に言えば、上記機材があればあとは何でもいいのです。

コーヒーを楽しむために、とりあえず機材を買ってみるのはいかがでしょうか。

そこから、趣味「珈琲」を楽しむことができるわけです。

 - information , , , ,