SCAAとCCCのフレーバーホイール、どれを信じる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

教えてくれ、五飛。

フレーバーホイールとは

コーヒーの味を評価するために使用する「味の早見表」です。

コーヒーの味って人によって感覚が違うし、「どんな感じに美味しいか」がよく伝わらないので早見表が必要になってくるんですね。

これを元にカッピングテストも行われるそうです。

味や風味を文字で表現して「視覚化」することで、より伝わりやすくなるんだと思います。

フレーバーホイールって2種類あるの!?

そんな「基準」となるフレーバーホイールって、二つ存在するようです。

一つは「SCAA」です。

アメリカスペシャルティコーヒー協会が公表しているものです。

2016年に改定され、新しくなったようですね。

Specialty Coffee Association of America

No Description

もう一つはカウンターカルチャーコーヒーが公表しているやつ。

カウンターカルチャーコーヒーは1995年にノースカロライナ州で創立された「サードウェーブをつくった会社」といわれているそうです。

少量ロット、少量焙煎の会社でまさしく「サードウェーブ」ですね。

Specialty Coffee Roasters | Online Coffee Subscription | Coffee Education

Counter Culture Coffee is a specialty coffee roaster sourcing exceptional single-origin and specialty coffee. Fresh-roasted coffee to your doorstep.

2種類も基準方法があるから、どっちを信じたらいいの!?ってなるかもしれませんね。

くらべてみた

というわけで比べてみました。

SCAAは85種、形容詞がおおめ

SCAA改訂版のフレーバーホイールは、9分類85種によります。

フローラルやフルーティは最終的にカモミールやシトラスなど、種類まで表現する名称まで届いていますが、それ以外「ウッディ」や「スモーキー」など、形容詞も多く使用していますね。

まあ不快な風味を表現するのに使用されることが多いと思いますし、スモーキーと言われると何だかんだ想像が付きます。

「血の味がする。血飲んだことないけど」くらいの感覚かな?

CCCは具体的

対しCCC(カウンターカルチャーコーヒー)は、超具体的です。

10分類120種以上です。

フルーツはパパイヤ、ライチ。

キャラメルはグラノーラ、スパイスはナツメグ。

といった感じでほぼ名称までつけています。

「本当にその味と思える?」と疑問に感じるほどです。

CCCは科学的表現、非科学的表現で分けているので割と見やすいと思います。

ただ、その表現を当てはめるほどの味覚と知識が無ければいけませんね。

無理して当てはめる必要はない

表現を伝えるのであれば当然具体的な方がいいです。

しかしあまりにも具体的すぎると、表現がオーバーだったり足りなかったりして、結局違和感を覚えてしまいます。

プロがお客に味を伝えるのには必要かもしれませんが、我々消費者が味を記録するのであればさほど具体的なものは必要ないでしょう。

香りは関係あるの?

単純な味であればCCCがいいのでしょうが、香りでみたらSCAAもいいですね。

香りはすこし抽象的なものでもいいかもしれません。

まとめ

総合的に使いやすいのがSCAA

味の具体性はCCC

以上!終わり!閉廷!

記録にしてもいいし、逆引きしてもいい

フレーバーホイールは「飲んだコーヒーの記録」に使うのもいいですし、こんなコーヒーが飲みたいという「味の逆引き」にも使えます。

「もっとナッツ感があってもいいな」などの比較対象も可能になるので、どんどん使っていきましょう。

特に決めつけは必要なく、自由な表現でもいいのでしょうが、自由な表現をするためにもある程度の指標は必要です、てなわけか。

コーヒーもめんどくさいな(笑)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*