コーヒー用語解説「デカフェ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みんな大好き、コーヒー用語解説のお時間です。

今回は「デカフェ」

カフェインが入っていないコーヒーのこと

デカフェはカフェインの入っていないコーヒーのことです。

以上。

カフェイン無しのコーヒーは3種類あるぞ

カフェインが入っていないコーヒーは3分類です。

デカフェ

デカフェは元々入っているカフェインを取り除いたものをいいます。

100%取り除くことは難しく、ほんの少しのこっています。

カフェインレス

カフェインレスはカフェインがほとんど入っていないことをいいます。

デカフェ同様、ほんの少し入っているようです。

ノンカフェイン

100%カフェインが入っていない状態のことです。

【デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違い】知っておきたい製法や特徴/ウチコト

どうしてカフェインが無いのか

コーヒーといったらカフェイン。

というぐらいに定番なんですが、コーヒーにカフェインが無いものがあるんですね。

カフェインが理由は

1・カフェインを人工的に取り除く

2・元々カフェインが少ないコーヒーの品種がある

3・品種改良によってカフェインの少ない・無いコーヒーの木をつくる

が挙げられます。

使用例

・明日朝早いけどデカフェだから眠たくならないぜ

・酒飲んでカフェちゃんとブレークタイム読むの好きです

スタバは「ディカフェ」

スタバはディカフェですね。

スタバとネスレはどうも名称を変えたいようで。

そのあたりは今度記事にしようかと思います。

さらに解説→デカフェ(カフェイン無しコーヒー)ってどうやって作るんだ?を解決!

他にもまだまだあるぞ!コーヒー用語解説のコーナー

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*