コーヒー用語解説:レギュラーコーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お楽しみのコーヒー用語解説です。

今回は「レギュラーコーヒー」

レギュラーコーヒーとは「普通のコーヒー粉」

レギュラーコーヒーは、焙煎後挽いた状態で包装したコーヒー商品です。

買って帰って、空けてそのまま抽出すればおいしいコーヒーになります。

UCCやキーコーヒーなど、大手コーヒーのメーカーが出しており、コーヒー商品として大きなマーケットとなっています。

使用例

A「レギュラーコーヒーって溶けないのな。粉がのこってら」

B「レギュラーコーヒーでカッピングとは新しい」

インスタントでは無いよ

「この商品は水に溶けないので、必ず濾過してお使いください。」

この様な注意書きが裏面にあるみたいです。

間違える方が多いみたいですね。

インスタントコーヒーがそれほど美味しく、流通している弊害かな、とも思います。

国によって「普通」が違う。

英国圏ではホットコーヒー。

アメリカやカナダでは砂糖とクリーム入りのホットコーヒーをレギュラーと呼ぶこともああるらしいです。

引用
レギュラーコーヒーの意味を正しく知って楽しい珈琲ライフ。

何が普通なのか、国や地域によって違う、ということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*