週刊コヒプリ!2021年11月15日

「麹発酵コーヒー」で農家支援、フィンランド人バリスタらが挑戦

味噌や醤油など日本の伝統食材をつくるのに使われ、最近は世界中のシェフによってさまざまな活用法が試されている麹(こうじ)。このほどイタリアで開催されたバリスタの世界大会では、フィンランドからの出場者が日本人専門家らの助言も得て開発した「麹発酵コーヒー」をお披露目した。あまり質の高くないコーヒー豆でも麹を使うと甘みなどを十分に引き出せるといい、困窮しているコーヒー豆農家に安定した収入をもたらす手…

ポーチ付きガラス製ドリッパーセットで外でコーヒー淹れてみた

山田洋路 こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。 ライフハッカー[日本版] より転載: 朝をコーヒーから始めるのは、旅行やキャンプに行っても同じです。ただ、旅先でこだわりの豆やドリッパーでコーヒーが淹れられる訳ではなく、ドリップパックコーヒーで代用するケースも。しかし旅先でも、それを可能にしてくれるプロダクトが登場しました。 …

コーヒーも細胞培養で「持続可能」に フィンランドで開発(AFP=時事) – Yahoo!ニュース

【AFP=時事】私たちが飲むコーヒーは将来、農園ではなくペトリ皿の中でできたものになっているかもしれない──。持続可能なコーヒーを目指して培養技術を開発した研究者は、こんな見通しを示している。 【写真】細胞から培養され、焙煎されたコーヒー 「これは正真正銘のコーヒーです。コーヒー以外のものは一切入っていません」。AFPの取材に応じた研究者のヘイコ・リッシャー(Heiko …

古坂大魔王、コーヒーの"フタ"に驚き「特許まだですか? 先に名前書いちゃえばいいんじゃないですか?」(WEBザテレビジョン) – Yahoo!ニュース

2021年にデビュー30周年を迎えた古坂大魔王が、11月12日にYouTubeで生配信されたオリジナル番組「"新化!"ローソン『マチカフェ』研究所」にMCとして出演。ゲストのローソン デリカ・FF部の吉岡圭太氏と猿田彦珈琲 代表取締役の大塚朝之氏と共に、10周年を迎えてリニューアルしたローソンのコーヒーサービス「マチカフェ」の魅力や、現在のコーヒーユーザーの流行などについてトークを繰り広げた。

コーヒーの生産から抽出までをカップを持ち歩いて体験できる場 UCCが出展 飲みたい味わいを即座にブレンドする技術も披露(食品新聞) – Yahoo!ニュース

UCC上島珈琲は11月17日から19日まで開催されるアジア最大のスペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2021」で、コーヒーの生産から抽出までをカップを持ち歩いて体験できる場を出展する。  出展を担当するUCCコーヒープロフェッショナル販売企画本部コーヒー企画チームの加藤綾子係長は10日取材に応じ「今年のブースのコンセプトは11月1日に開始した新ブランディングコンセプトと同じ『COFFEE