メカニカルで魅せる業務用焙煎機! NOVO MARK 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

京都の業務用焙煎機のご紹介です。

このあいだのSCAJ2017で見つけました。

そうです。SCAJ2017関連の記事はまだまだ続くのです。

魅せるハコモノ焙煎機

京都のダイイチデンシという会社が手がけるNOVO MARK2という焙煎機です。

従来の横長いのものではなく、高さがあるハコモノタイプです。

最大容量1kgということで、他社の業務用焙煎機とも引けを取りません。

高さが180cmということでデカイかな、と思ったけど63.5×63.5(cm)なので意外とコンパクトです。

焙煎は熱風式、タッチパネル式で簡単ですね。

サンプルローストを取り出せないみたいですが、全面ガラス張りで焙煎度合を確かめることはできそう。

ロースティンググラス部とチャフボトルは少し離れていますが、チャフを吸い上げ、ボトルに貯めるような感じですね。

ロースタリーでない店でも焙煎ができるということ

焙煎士がこだわりをもって焙煎を行うロースタリーでなくても、このような全自動焙煎機があれば焙煎のハードルが下がります。違う業種でもコーヒーにコストを重視して質の高い商品を提供できるようになります。

現に、NOVA MARK2はロースタリーだけでなく、スーパーマーケットやフットサルクラブ併設のカフェでも導入実績があります。

「NOVO MARKII」導入店一覧 | 焙煎機ドットコム – 魅せる焙煎機NOVO MARKⅡ(ノボマーク2)

店舗名にリンクがある場合は店舗ごとの紹介詳細記事をご覧いただけます。 詳細記事の掲載がされていない店舗さまのところも随時掲載をして参ります。

焙煎機があると視覚的にも「コーヒーが美味しそうな店だ」と思うでしょう。

生豆さえあれば豆の販売も可能に!?

例えば、スイーツメインのカフェでも、生豆を仕入れてマシンを回せば煎りたての豆が完成します。

カフェのメニューで使う他に、豆の販売もできるようになります。

小ロットでも、売り場を飾ることもできるので、販売チャネルが増えるといっても良いでしょう。

終わりに

全自動なので細かな調整ができないですが、ある程度は目を離しても大丈夫な全自動焙煎機です。

通常営業中でもマシンを回せるのって、実はすごいことじゃないでしょうか。

Posted from するぷろ for iOS.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*