コーヒー用語解説「チャフ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まいどお馴染みコーヒー用語解説のお時間です。

今回は「チャフ」

焙煎時に出る燃えカスのこと

焙煎をしていると燃えカスがどんどん出てきます。

一般的に豆の間にあるシルバースキンであると言われていますが、ハゼることでそれが落ちます。

そうした燃えカスは掃除がめんどくさいのです。

チャフとはそういうものです。

使用例

「ねえ知ってる?今度ブルーボトルコーヒーが京都にできるらしいよ」

「そんなことよりおめーチャフみたいなニキビ顔だな」

チャフを飲んでみた人がいる

実験!チャフを飲む/有機栽培コーヒー豆・生豆屋

コーヒー豆からチャフだけを取り除いて、チャフだけで抽出した人がいるようです。

上記記事では「苦い」「漢方のような味」とのこと。

一方で、チャフを完全に取り除いた状態で抽出した記事もあります。

コーヒー豆の真ん中【シルバースキン】を除去するとコーヒーの味はどうなるのか

こちらでは味が少し軽くなった、という答えでした。

シルバースキンも風味のひとつ、として捉えるのがいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*