コーヒー知識

コーヒーを飲むにはあまり関係ないですが、知っておくと便利。

知ることでバリエーションが増えて、新しいコーヒーに出会える。

そんなコーヒー知識のページです。

コーヒーの種類ってなにがあるの?豆の品種とその特徴

どうもコーヒーブロガー@gonsaemonです。

これからコーヒーを始めたい!と思っても何を買ったら良いかわからないと思います。

特に、サードウェーブによって農園によっても違いが出てきているので、コーヒー豆の味の違いはより繊細になっています。

今回は、コーヒー初心者が豆を選びやすいよう、コーヒー豆の違いをあげていこうと思います。

コーヒーの種類について

コーヒーの2大品種

コーヒーの品種は大きく分けて「アラビカ種」「ロブスタ種」があります。

アラビカ種はレギュラーコーヒー(豆、粉での販売)です。

ロブスタ種は缶コーヒーやチルドコーヒーなど、加工品に使われているようです。

この二つの違いは

①:アラビカ種は収穫しにくい、栽培条件が厳しい。
風味が良く、香り高い

②:ロブスタ種は収穫しやすい、大量生産が可能。
苦味が強く、渋みすらある

です。

コーヒー豆での販売はほとんどがアラビカ種です。

最近は、ロブスタ種類の独特な苦味、渋みがピックアップされるようですが、僕はまだ飲んだことがありません。

そういえば、何も書かれていなければロブスタ種が多い缶コーヒーの中にも、アラビカ種100%の缶コーヒーもありますね。

まあ、缶コーヒーの移り変わりは激しいので、いつ販売終了になるかわからないですね。

アラビカ種の中にもいろいろある

アラビカ種の中にもティピカ種、ブルボン種などいろいろあります。

というより、最近の流れではそちらの方が重きを置いていることが多いですね。

そのあたりになると、精製方法とかさらにややこしくなるので、また今度。

国別コーヒーの違い

コーヒーはコーヒーベルトという、赤道周辺でないと栽培が難しいです。

雨に弱く、寒さや暑さに弱いということもあり、コーヒーベルトから離れた地域では栽培が難しいですね。

赤道周辺ということで、アフリカ大陸から中南米の、アジア諸国やハワイなどまさに「全国各地」です。

土や気候、さらには品種や精製方法までかわるので、コーヒーの味の違いは国で違うとも言えます。

以下は、一般的な国別コーヒー味のちがいです。

①ブラジル→苦味と酸味のバランスがある
②グアテマラ→苦味が強く、コクがある
③エチオピア→フルーティな酸味
④ハワイ→突出した酸味

というのが一例です。

これで見るように、めっちゃ苦い!というのは比べるとあまりありませんね。

これがコーヒー慣れしている舌の感覚なのか、アラビカ種の苦味が抑えられて酸味がある、ということなのかは定かではないです。

しかし、言えることは「コーヒーは苦いだけじゃないよ!」ということです。

とりあえずコーヒーを買う時は?

とりあえずコーヒー豆を買う時はブレンドを買いましょう。

各ブレンド特徴的がありますし、このブレンドから「次に苦味を推すか、酸味を推すか」で決めて行きましょう。

お店のマスターとのコミュニケーションになりますし、これから豆を選びやすくなります。

終わりに

コーヒーの味の違いは好みでもありますので、一度で決めるのではなく、じっくり決めましょう。

お店によっては試飲もできるので、利用しましょう。

コーヒー用語解説「銀皮」

コーヒー用語解説のコーナーです。

今回は「銀皮」

コーヒー豆の外側を覆っている薄い皮のこと

コーヒー豆はコーヒーの実の中にあるのですが、りんごやぶどうのように果肉の中に直接豆があるのではなく、シルバースキンと言われる銀皮が貼ってあります。


(引用:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/コーヒー)

コーヒー豆を買うときに銀皮の違いは無いのですが、コーヒー豆の精製方法ですこし違いがあります。

水で洗浄してから乾燥する方法と、そのまま乾燥させる方法とがあります。

その際に銀皮(厳密に言えば銀皮を覆うヌメリとかいろいろ)が関係あります。

ブラジル〇〇ウオッシュドとかそんな感じ。

同じブラジルの同じ農園でも、精製方法の違いで味が変わってくるのでしうか?

まあ、コーヒーマーケティングで銀皮を使う商品が出てこればめっちゃマニアックですね。

使用例

シルバースキンと鉄のカーテンってどっちが硬いの?

ああ~っと、ミルミルマンの石臼がコーヒービーンの銀皮を裂いでいくぅ〜!!

コーヒー用語解説「テロワール」

コーヒー用語解説のお時間です。

今日は「テロワール」です。

テロワールの意味

テロワールは「環境」や「性質」を表します。

コーヒー豆の生産環境。標高や湿度、温度などの「生産をするための土壌環境」から、香りや味などのコーヒー豆の性質・特徴を表すこともあります。

もともとはフランスでよく使われている単語です。

ワインでよく使うらしい。

使用例

君んとこのとうちの豆、テロワールから違うんだよ三下ァ!

テロワールに優劣なんてないんだよ!!!

名詞にも形容詞にも使えるのか?

「いいテロワールだね」っていう言い方をするんでしょうか?

〜の地方のテロワール、という名詞的な使い方の他にも、よりテロワールな生豆、というような形容詞的な使い方もできるんですかね?

企業紹介:神戸珈琲物語

どうも、ビサイドの神戸珈琲です。

嘘です。コーヒーブロガーの@gon_saemonです。

神戸のコーヒーってなんだ?と思った時に名前で浮かんだのが「神戸珈琲物語」です。

神戸にしかないと思ったら、広島や横浜にもあるこの企業をご紹介します。

続きを読む

みんなが知りたいコーヒーの保管方法

どうも、コーヒーブロガー@gon_saemonです。

前の記事では「コーヒーをきっちり保管すれば店で挽いてもらったやつでも美味しいよ」

という記事を書きました。

きっちり保管するって、どうやればいいんだYO!という声が聞こえてきそうなのでここに記しておきます。

続きを読む

コーヒーが膨らまなければいけないの?お湯を淹れると膨らむ理由

どうもコーヒーブロガー@gon_saemonです。

ハンドドリップを行うときって、コーヒーが膨らむことがありますね。

大きく膨らむとなんだか上手く淹れられたような気分になります。

じゃあ逆に、膨らまないコーヒーはダメなのか、という疑問もあります。

そもそも膨らむ現象っていったいなんなんですかね?

疑問がたくさんあるので調べてみました。

続きを読む